2017年2月

凧が揚ったよ!(凧揚げを楽しむ)

凧が揚ったよ!(凧揚げを楽しむ)

1月22日、津市河辺町の津西幼稚園(岡南泉園長。園児246名)で、父親参加型の行事、日曜参観「新春凧揚げ・こま回し大会」が行われた。日本の正月の伝統的な遊び道具を親子で協力して制作し、一緒に遊ぶことが目的。
当日は、年少児は干支の絵を描いた「角凧」、年中児はダンボールを思い思いの形に切り、何枚も重ね貼りして作る「こま」、年長児は自分で色を塗り、顔を描いて仕上げた「やっこ凧」作りに挑戦。
凧は竹ひごを使って一から作るだけに、苦労する姿も見られたが、親子の努力が実を結んで完成。各クラスや園庭でこま回しと大空に揚がった凧に子供達も大喜びしていた。

葬儀専用ホールの「津光倫会舘」(津市納所町)は、2月11日㈯14時半~16時、三重県総合文化センター生涯学習棟4階中研修室で「なるほど!葬祭講座」を開くにあたり参加者を募集している。
分かっているつもりでも、意外に知らない葬儀の知識。同講座ではスライドショーなどを交えて葬儀の解説や、昨今増えてきた「家族葬」のメリット、デメリットも分かりやすく説明してくれる。
参加費は無料(お茶・お菓子付き)で、参加特典として「トイレットペーパー12ロール」をプレゼント。 さらに、当日同講座に参加した人で、同会舘の「心の会」に入会、または入会者を紹介した人には、それぞれ特典もある(入会金別途税込5千円が必要)。
受付けは今日2日から開始。先着50名になり次第締切り。
問い合わせは津光倫会舘☎059・228・2501。受付け時間は9時半~16時半。

ときめき高虎会(小林貴虎代表)は2月5日㈰13時半~15時、センターパレス2階会議室で、小学校の先生が語るお城の魅力!「日本百名城と高虎の城」を開く。講師は同会会員の深見和正さん。
深見さんは、津市立大里小、白塚小、安東小、豊が丘小の各小学校で勤務。現在は片田小学校教諭。
当日は①子どもの目線でのお城めぐり②日本百名城のここがすごい!③藤堂高虎の城づくり…の3つの見所から解説する。入場無料。申込不要。問い合わせは小林代表☎090・1751・5460。

[ 20 / 26 ページ ]« First...10...1819202122...Last »