(前号からの続き)
遺体はB29が墜落する際その衝撃でさけた松の木の上枝に挟まれてほとんど風化していた遺体を偶然に見つけたものである。
津市のCIC(アメリカ陸軍防諜隊)が遺体を回収した。B29に搭乗していて、体当たり後、機外脱出に成功しパラシュート降下できたのは尾部機関銃手のレスター・J・シェルスタース3等軍曹だけである。
彼は倭村の惣谷付近に降下した。現場付近に駐屯していた大阪の特別守備隊第1大隊や倭村の警防団員らが彼の行方を捜索していたところ、不通になった電車にたまたま乗り合わせていた大阪府警の馬場巡査〔19歳〕が彼を捕まえ、電車の線路上を歩いて倭村役場(白山町中ノ村 138─4)まで連行した。
集まった群衆は彼に激しく罵声を浴びせたり、殴り掛かろうとする者もいたが警官らに制止された。彼は頭部に怪我をしていた。巡回看護婦の木村ゆき子さんが呼ばれ、シェルスタース3等軍曹に応急手当をした。「ありがとう」とシェルスタース3等軍曹は言った。
きっと木村さんは看護婦としての使命感で慈愛にみちた心で手当てをしてあげたに違いない。頭に包帯が巻かれた。『婦人従軍歌』の4番に「味方の兵の上のみか 言も通わぬあだ迄も いとねんごろに看護する こころの色は赤十字」とある(注釈、「言も通わぬあだ迄も」…「ことばも通じない敵でさえも」。「いとねんごろに」…「とてもていねいに」の意)。この歌そのままに米兵の傷の手当てをされたに違いない。
その後、歩いて榊原陸軍病院に本格的な治療を受けるために向かった。途中の道にはその米兵を見ようとすごい人だかりができていた。佐田あたりでは「うちの息子はアメリカ兵に殺されたんや」と今にも米兵に殴りかかりそうになった。 そこにいた佐田の伊藤幸雄さん、明治35年生まれ、がその人を制止し自分の家の中庭に招き入れ、つるべ井戸のつるべから直接米兵に水をのませてあげた。
蒸し暑い夏の冷たい井戸水に。今は捕虜となった若いアメリカ兵はきっとその一掬の水に、「ありがとうございます。感謝します」と丁寧に御礼を言ったにちがいない。
多くのB29搭乗員は日本本土を爆撃に出撃する事前の打ち合わせで上官から「日本本土にパラシュート降下したら怒る住民により殺されるかもしれない」と教えられていた。それ故にこの一掬の水はそれこそ「地獄に仏」だっただろう。
榊原陸軍では病院長の中西軍医中尉の治療を受けた。その後、久居警察署の警官がトラックで津憲兵隊に送り、翌日、津駅から名古屋市中区三の丸の東海軍司令部に送致された。同年7月14日、東海軍司令部の第2兵舎裏で斬首刑に処せられた。シェルスタース3等軍曹は1917年8月22日生まれ。享年28。ミシガン州、ミルフード出身。

中川少尉に体当たりにより撃墜されたB29(機体番号44─69873)の搭乗員は次のとおり…
機長…ベンジャミン・G・コーダス中尉、認識番号0─792611。パイロット…フィリップ・D・デフレーツ少尉、0─831136。航法士…ハロルド・L・ブレーク・ジュニア フライト オフイサー、T─128429。
爆撃手…エドウィン・I・クシュナー フライト オフイサー、T─5571。レーダーオペレーター…アルバイン・C・バルトラス少尉、0─2066701。フライトエンジニア…ジェームズ・B・マッコード2等軍曹、16078854。無線士…ラマー・H・ヴァルモント3等軍曹、13145717。中央射撃コントロール…フランク・J・ベヌスカ2等軍曹、36902948。
右側機関銃手…ダッドリィー・T・ハーキンス3等軍曹、31448535。
左側機関銃手…ロバート・ギャフニィー軍曹、31431913。尾部機関銃手…レスター・J・シェルスタース3等軍曹、36877137。
以上11名。シェルスタース3等軍曹の一番近い親族は「母」となっている。

「中川少尉は津市を空爆する予定のB29に体当たりをした」という文献もあるが、これは間違いである。米軍のMissing  Air Crew Report(行方不明航空機搭乗員報告書)にはコーダス機の爆撃目標地は「各務ヶ原」と明記されていることから容易に判る。

コーダス大尉機の編隊を率いていたヴァン・パーカー少佐のコーダス大尉についての回想がある。
「ベンジャミン・コーダス大尉に関して、私は以前彼が話すのを聞いたことがある言葉で強く私の胸にこたえた思い出がある。彼はこう言っていた『太平洋のここでの空戦はそんなに激しいものではない。君達はヨーロッパの空をあの爆撃機を飛行させて我々と共にドイツ空軍と戦うべきだった。あれは本当に激しい戦いだった』」。コーダス大尉はドイツ空爆にB17爆撃機を操縦し、ドイツとの戦いが終結後、B29の爆撃隊に参加していた。

中川少尉の操縦する戦闘機は二本木の延寿寺を北に見て左右2キロメートルの円内にバラバラになって落下した(現在の白山台付近)。赤い鮮やかな日の丸のある銀色のもぎ取られた左右の主翼がヒラヒラと落下してきた。
日の丸が描かれた胴体。原型をとどめない操縦席のあちこちに肉片が付いていた。鮮血に染まっていた。計器メーター類も散乱し、エンジンや車輪、尾輪もあった。プロペラは延寿寺のすぐ傍に落下した。操縦席の西側少し離れたところにB29のエンジンの付いた右主翼が煙を吐いて落下していた。中川少尉は体当たりした瞬間に機外に放り出されたが、機体に取り付けてあったえいさく環により自動的にパラシュートは開いた。中川少尉のパラシュートは東の伊勢湾方向へと風に流されていた。       (次号に続く)