nigehaji 昨年、社会現象を巻き起こしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者・海野つなみさんと、同ドラマプロデューサー(詳細は後日発表)のトークセッションが5月6日13時~14時半(開場12時15分)、三重県文化会館中ホールで開催される。
「恋ダンス」のブームや、「夫婦=共同経営責任者」などの斬新な発想でも話題となった「逃げ恥」。世の中の「これが普通」に縛られずに自分らしく生きることを、作品を通して考える。入場無料、全席自由。
要事前申し込み。定員400名(先着順)。
▼申し込み方法=主催の三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」へ☎、または所定の参加申込書に記入し郵送、FAX、持参、Eメール、HPから。
▼申し込み先=☎津233・1130、〒514─0061 津市一身田上津部田1234番地 三重県総合文化センター内 三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」、FAX津233・1135、Eメールfrente@center-mie.or.jp
▼未就学児入場不可。託児の対象は0歳~小学3年生(1人につき1日1000円。おやつ代含む)。締め切りは4月22日。※申し込み多数でキャンセル待ちとなる場合がある。