三重交通㈱(雲井敬・取締役社長。本社・津市中央1番1号)は、4月1日㈯から、空港リムジンバズ『桑名中部国際空港高速線』についてダイヤ改正すると共に、新たに「金城ふ頭駅」停留所を新設する。
金城ふ頭地区では、「名古屋国際展示場」「リニア・鉄道館」などの既存施設に加え、今年の春には、新たなテーマパーク「レゴランド・ジャパン」や、複合商業施設「Makers Pier」が開業し、今後、さらに多数の来訪者が見込まれており、当路線が新たに停車し、金城ふ頭地区と中部国際空港や桑名方面「長島温泉(ナガシマリゾート)」、桑名駅前」との間を乗り換えなしで直結することで、国内外の旅行者の利便性を図る。
ダイヤ改正では、「金城ふ頭」に新たに1日3往復・6便を停車。また、「長島温泉」の停車便数を1日1便増強する(空港行き)。
桑名駅前~長島温泉間のみの利用はできない(上り・下り共通)。
金城ふ頭では、中部国際空港方面・桑名方面のいずれも乗降可能。