病院の入退院や転院、施設からの付添い、お出かけ介助など仕事内容は日々変わるが、安全安心に目的地へお送りするのが我々の使命である。
看護師が同乗して目的地へ搬送する民間救急も、患者さんと病院をつなぐ大切な役目を果たしており、そのつど利用者さんの思いに応えて寄り添えることは、自身にとって仕事への大きな原動力だ。
その日その時の、患者搬送と福祉タクシーの業務をピックアップした。

この日の仕事は、患者搬送。患者さんは急性期を経て、家族が待つ他県の病院へ転院が決まった。
移送距離が長い時や体調に注意を要する時は、事前に当社と病棟看護師との間でカンファレンスをさせていただき、搬送先までのシミュレーションをする。
患者さんの体調は機器類の積載が必要とのことで、当社で民間救急車輌へ準備を整えた。
患者さんを気遣う家族の思いは、やっとこの日を迎えた事や、搬送先での回復への期待と一抹の不安が交錯しているのが、我々搬送スタッフ側にも伝わる。
患者さんと看護師、家族も同乗して、早朝に出発。転院の荷物を満載して、自動車道をひたすら走った。 片道270㎞の中距離だが、患者さんに万が一、変化があった時は、搬送元病院の指示を得て、最寄りの病院へ変更するよう指示を受けている。
道中、搬送元の看護師による適切な処置は、緊張していた患者さんに安心を与え、ドライバーの安全運転にも良い効果を与える。途中、渋滞があり、時間の遅れが気になったが、幸い特変はなく搬送先病院へ着いた。家族も長時間の車内での緊張がとけ、ほっとした表情。
担当者に引き継ぎをし、安全な運行ができたこと、人と人の心の絆に少しでもお役に立てたことを感謝し、帰路についた。

ある日、仕事を終えた夜10時、救急で搬送された病院から、帰宅搬送の依頼が入った。骨折の疑いだが、アパート上階への介助が必要との情報で、介助員が同乗した。
注意しながら、患者さんを車椅子で階段介助して問題なく終了した。
帰社して間もなく、再び同様の帰宅搬送依頼。既に午前零時を回っており、高齢独居の患者さんとのことで、再度介助員同乗で搬送。深夜で注意を要したが、特変なくお送りした。

他日の日曜、夜間診療所への搬送依頼。高齢で発熱のため、救急へ電話しようと考えていたらしいが、家族が「救急車を呼ぶほとではない。他に重症患者がいては大変」と、当社へ依頼したらしい。
軽症だが、救急車をタクシー代わりに呼ぶケースが社会問題になっている中、「道理をよく考えた判断だ」と思った。診察後、医師が指示した病院へ再搬送。

ほのぼのした利用例もある。
独居のお年寄りから、お墓参りをするための車椅子介助送迎。距離が遠く、菩提寺では兄弟が首を長くして待っているとのことだ。墓まで野道を通らねばならず、転倒の心配があり、車椅子対応車輌を依頼された。利用者さんと、福祉タクシーのドライバーも当日は女性で、会話に花が咲く。
現地では兄弟で久しぶりに会話が弾み、無事墓参りを終えた。「また連れて行って」との一言で、次のプランに期待。外出をためらわない姿勢は、大いに見習いたい。

利用者さんからは遠近様々の依頼があるが、基本は「交通弱者」の人達。ある勉強会で得たSOC(わかる感、できる感、やるぞ感)という行動力を搬送に生かしながら、新たな目標を立てて今後の仕事に応用していきたい。
(民間救急  はあと福祉タクシー代表)