久世さんと、店舗前に設置された寄付型自動販売機

久世さんと、店舗前に設置された寄付型自動販売機

津市久居明神町の「エミ美容院」を経営する久世恭加さん(46、同市白山町南家城)が今月、店舗前に、動物愛護の団体・個人などに収益が寄付される飲料の自動販売機を設置した。
久世さんは祖母・母も美容師で3代目。父の悟司さんは長年、植樹活動などで地域に貢献している。
元々動物好きで、「何でもかんでも命には重み・意味があり、無駄な命はない」と話す。ユーモアがあり、親しみやすい人柄で、命あるものに対して、どこまでも真面目。以前、虫やミミズが怖くて触れなかったが、努力し克服した。 そして昨年9月に愛犬2匹が亡くなったとき、命の尊さが身にしみたそう。寄付型自販機は、愛犬達を追悼するとともに、動物愛護活動のためのエサや手術代などに充ててほしいと設置。表面には久世さんや家族、今まで飼ってきた犬などの写真がデザインされている。
さらに久世さんは、地元・白山町にある市営リバーパーク真見の近く、雲出川河川敷でのゴミ拾いを約10年前から続けている。
雲出川は景勝地の家城ラインがあるほか、「南家城川口井水」が昨年、「世界かんがい施設遺産」に選ばれており、貴重な地域資源。久世さんにとっても子供の頃の遊び場で、愛着がある。
しかし夏に河川敷でBBQをした人が残飯や包丁、オムツなど様々なゴミを捨てていくことが多く、久世さんは主に夏の休日の朝、犬の散歩をするときに拾っている。またこの周辺では、白山総合支所職員や、久世さんの活動をFBで知った友人も清掃を行っている。
久世さんは「命あるもの全てが幸せになればというのが、私の願いです。私の活動がそこに繋がれば」と話した。

三重日仏協会主催の2017年春季「楽しく学べるフランス語会話・入門講座」が5月8日(月)から毎週月曜日の18時~19時まで、津駅前の第一ビル6階で開講する(全8回)。
講師は三重大学人文学部講師のJ=Fダメムさん。参加費は1万円。対象は、フランス語を始めてみたい、フランス好きで度々フランスへ旅行する人、フランス語を学んでいるがネイティブの発音に接したい人、など。
参加希望・問い合わせは事務局の瀧沢さん☎090・4867・1476(終日)、またはダメムさん☎0598・58・1181(昼間)

 

左から山﨑さん、大田さん、竹内さん、小畑さん

左から山﨑さん、大田さん、竹内さん、小畑さん

ジビエ料理の店で、地域活性化に取り組む「ようこそ」=津市美杉町太郎生、代表・山﨑倫敬さん=では、美杉の鹿肉を使った「ジビエ津ぎょうざ」を来月下旬から「道の駅 津かわげ」=同市河芸町三行=で販売予定(冷凍・3個入り。税込1080円の予定)。
同店のメイン商品で、脂分が比較的少なく、女性やお年寄りも食べやすいのが特徴だという。
パッケージは餃子型で、10㎝四方のラベルのデザインを県立白山高校=同市白山町南家城=に依頼。美術部2年の小畑未晴さん(17)・竹内愛さん(16)・大田沙羅さん(16)がタブレットやスマホで、先月末から制作を始めた。小畑さんが、津ぎょうざのマスコットキャラクター「つつみん」が笑顔でポーズしているデザインを考え、竹内さんが同校の制服を着た女の子の絵の下書き、大田さんが色付けを担当。
ラベルには、つつみんと女の子のほか、同校のイメージキャラのしかずきんくんと、背景の餃子もレイアウトされる。
小畑さんは「顔の部分のグラデーションの色を出すのが難しかった」、竹内さんは「ラベルを見て買おうという気になってくれたら嬉しい」、大田さんは「小さい子が見て可愛いと思ってくれたら」、また山﨑さんは「これを機に、来年の白山高校の受験生がさらに増えてほしい」と話した。

[ 6 / 6 ページ ]« First...23456