三重県内に伝わる食文化を調査・研究している「みえ食文化研究会」が主催する平成29年度・食文化講演会が6月3日㈯13時~14時半(受付12時半)、津駅西口前の学校法人大川学園5階ホールで開かれる。講師は同学園理事長で、大正時代から昭和10年頃までの三重県の食生活の聞き書きを続けてきた大川吉祟さん。演題は「中世安濃津と都を結ぶ鰯街道」。
大川さんは「南北朝から江戸時代にかけて作られた400もの草紙から23編が選ばれた中に「御伽草子」があります。この一編に、安濃津の阿漕浦の鰯を都で商いし富を得た猿源氏の話しがありますが、猿源氏には釣り合わない凸凹恋物語であり、実力主義の時代背景を面白く物語っています。ここに見える安濃津と都を結ぶ〝鰯街道〟を資料に基づいて解説します。
併せて、三島由紀夫がこの話を元禄時代に置き換えて書いた戯曲、さらに安濃津の港と街が消えた明応7年(1498)の地震の話まで猿源氏と結びつけてお話しいたします」とコメント。
聴講無料。但し定員100名になり次第締切り。
申し込みは電話059・226・3131、FAX059・226・3135、メールchori@ohkawa-gakuen.jpで、件名を「食文化講演会申込み」とし、氏名・住所・人数・電話番号を連絡すること。
尚、当日は公共交通機関の利用をすすめている。
問い合わせは事務局☎059・226・3131。