シエンプレ

シエンプレ

 ロス・モレーノス

ロス・モレーノス

伝説的ラテンバンド、南山大学軽音楽部「トリオ・モレーノ」の元メンバーが結成した2つのバンドによる津城復元応援ライブ「セイ アミーゴⅣ」が、6月20日13時半から津市の三重県総合文化センター小ホールで催される(開場13時)。
トリオ・モレーノは全国大学対抗バンド合戦で準優勝。大学卒業後36年ぶりに再結成して挑んだ「熱血オヤジバトル2003」でも準優勝・審査員特別賞を受賞している。リーダーとして活躍した津市の林敬天さん(ギター)はその後、同じ津市在住の藤堂千秋さん(キーボード)、森和広さん(パーカッション)とボーカルユニット「シエンプレ」を結成。
一方、名古屋市在住の村瀬晃さん(ギター)、岡崎市在住の川口達哉さん(ギター)と稲垣憲さん(レキントギター)の元メンバー3人は「ロス・モレーノス」を結成し、中京地区を中心に演奏活動し人気を博している。
第1部ではシエンプレ、第2部ではロス・モレーノスがそれぞれ得意のラテンの名曲を演奏。注目はライブの副題に「いつまでも歌っていたい『ベサメムーチョ』」とあるように『ベサメムーチョ』。オリジナルは作曲者コンスエロ・ベラスケスが少女時代、病床で死期を悟った友人の夫が、友人に「もっとキスして(ベサメ・ムーチョ)」と今生の別れのキスを求める姿を目の当たりにした体験をもとに書いたもの。このベサメムーチョの部分から後に熱いラブソングとして世界中でヒットした。シエンプレは「幼い少女のベサメムーチョ」と題してオリジナルを。そしてロス・モレーノスはお馴染みのラブソングとしての「ベサメムーチョ」を聴かせる趣向。
また今回、藤堂千秋さんがさだまさしの楽曲「いのちの理由(わけ)」をソロで歌うのも「ぜひ聴いてほしい」と林さん。
総合司会・古谷嘉久さん。前売り500円(電話予約して当日受付で精算可)。売り上げの一部は津城復元資金に寄付される。
問い合わせは林さんへ(☎059・227・5823)。