発足から31年目を迎えたコーラスグループ、K&Gの会(石上幸子代表)は8月26日(土)14時~(開場13時半)、津センターパレス5階ホールでコンサート「午後のひととき~」を開く。
「午後のひととき」は、大学卒業後も「細く長くこつこつと」をモットーに音楽の勉強を続けている同グループが、「クラシックは難しいから」という人にもクラシックを楽しんでもらいたいと、オペラ、歌曲、次世代に歌い継いでほしい童謡や唱歌、ポピュラーなどを毎年様々な企画で歌を披露しているもの。
また、老人施設、支援学校への楽器など寄贈や、出前のミニコンサートなどのボランティア活動も続けている。
今回は第1部は「~世界名曲の旅~」と題して、オペラ・歌曲・映画音楽・日本の歌など、2部では「幼き日への郷愁~」と題して、歌い継いでほしいわらべうた(すみれコーラス)・映像と共に聞く幼き日の歌を、そしてキッズコーラスの子ども達が「あのときの歌~」と思い出になるような歌を披露する。
楽曲は、パリのお嬢さん、ウイーン我が夢の町、落葉松、ゆりかごの歌、お菓子と娘、サッちゃん、手のひらをたいように、ほかを披露。
入場料1500円(中学生以下500円)。県内各楽器店で取り扱い中。
問い合わせは代表の石上さん☎059・225・3668。