昨年の展示の様子

昨年の展示の様子

津市久居東鷹跡町の久居ふるさと文学館で16日~22日10時(初日は11時~)~16時、「昔のくらし 久居のようす」展を催す。主催はガイド団体「久居城下案内人の会」。
会員が自宅や実家から持ち寄る、昔の家具や台所用品、農業用の道具のほか、紙芝居、戦後に撮影された久居の航空写真などが展示される。
子供達に、父母や祖父母が小さかった時代の道具やまちの様子などを知ってもらおうと、昨年から開いているもの。久居には郷土資料館がないこともあり、住民が地域の歴史に触れる良い機会となっている。来場者には鈴虫をプレゼント(子供優先、数に限りあり)。
同会は、小学生対象の出前授業や現地ガイドも行っており「2019年に迎える久居藩350周年を意識して行う展示です。沢山の子供達に来てもらい、久居は殿様がおったところということを知ってもらいたい」と話している。
問い合わせは代表の森下さん☎080・1556・4559。