津北・津・津南ロータリークラブは、童謡「赤い靴」の作詞などで知られる詩人・野口雨情が津市の阿漕浦で作った詩の碑を、昭和58年に阿漕浦海浜公園に共同で建立。しかし公園を管理する県への占用許可申請は行われず、近年は碑の存在を知る会員も少なかった。そして昨秋、同公園の工事を機にその存在が再認識されたが、県が誤って碑を廃棄。3クラブとの協議の結果、このほど再建された。3クラブは、トラブルが転じ、碑や詩を広く周知する契機になったと喜んでいる。

 

 

再建された碑の周りに集まり、喜ぶ3クラブのメンバーたち(今月2日撮影)

再建された碑の周りに集まり、喜ぶ3クラブのメンバーたち(今月2日撮影)

野口雨情(明治15年~昭和20年)は茨城県生まれ。大正10年、自身が作詞、松阪出身の国学者・本居宣長の子孫である本居長世が作曲した童謡で、現在も歌い継がれている「赤い靴」「十五夜お月さん」「七つの子」を発表。また全国各地を旅し、地元の詩や小唄を作った。
そのうち、津市阿漕浦の詩「阿漕が浦の舟人は ゆらりゆらりと舟を漕ぐ」は、昭和9年に作られたもの。
奉仕団体である津北・津・津南の3つのロータリークラブ(以下、RC)では同58年に雨情生誕100年を記念し、阿漕浦海浜公園の隅に、この詩の石碑を建立。
しかし、3RCでは碑に関して、同公園を管理する県への占用許可申請や、維持管理も行っておらず、近年では、その存在を知る会員も少なかった。
そんな中、昨年秋、堤防建設に伴い公園内の建設物を撤去する工事中、碑が基礎から抜かれ横に倒されているのを市民が発見し、市に電話。
これを機に3RCと県の両者が碑の存在を改めて認識し、RCの希望で保存・移設することとなったが、同事務所の所内の情報共有や工事業者への連絡が不十分だったため、碑は誤って廃棄されてしまった。
廃棄について連絡を受けたRCはショックを受けたものの同事務所と協議を重ね、新たな碑を、同公園の近く、津ヨットハーバー駐車場入り口付近に建てることが決定。 このほど再建工事が終了し、今月1日付けで占用許可を代表の津南RCが受けた。翌2日、碑の前に、再建に関わった3RCの前会長・前幹事(任期=昨年7月~今年6月)と、現在の会長・幹事が集まり祝福。以前の碑は目立たない場所にあったが、現在の場所は沢山の人の目に触れることもあり、喜んでいた。
津RCの前会長・三藤治喜さんは「野口雨情の作詞した歌は、『しゃぼん玉』など皆聞いたことがあるものばっかり。それほどの人が津にも来て詩を作ってくれたということを、今回の出来事によって初めて知る人も沢山いると思う。こうやって雨情のことを周知しなさい、と教えてもらったような出来事だった」と笑顔で語り、RCは今後は適切な維持管理で、碑や、その存在意義を守っていく。