2017年9月

国指定名勝「三多気の桜」=津市美杉町三多気=は樹勢が衰退しており、市の委託で日常管理を担う地域住民の高齢化も深刻。市は平成23年にこの名勝の再生の指針を出し、保存管理計画策定を打ち出したが未だ手つかずの状態。そんな中、今年5月発足した「三多気の桜」景観保存会=田中稔会長(61)=は、地域内外から会員を募集。弾力的な活動で桜を将来に亘って守り、次世代への継承を目指していく。

 

県の事業で三多気の桜を訪れた学生達と話す田中さん(奥)

県の事業で三多気の桜を訪れた学生達と話す田中さん(奥)

国指定名勝「三多気の桜」

国指定名勝「三多気の桜」

幹が空洞化している桜

幹が空洞化している桜

国指定名勝「三多気の桜」は、伊勢本街道から真福院への参道沿いにある約400本の桜並木。伝承では、理源大師聖宝が899年頃に植樹したのが始まりとされる。周辺の集落や棚田、国登録有形文化財である茅葺きの家屋(田中さん所有)などと調和し見事な山里の風景を形成。市の「景観形成地区」でもある。
しかし古木が多く、シカの食害なども重なって樹勢の衰退が深刻化。そのため市は平成23年、「名勝『三多気の桜』再生のための指針」を策定したが保存管理計画は未だに立てられていない。
今年7月この桜を調査した日本樹木医会三重県支部長の奥田清貴さんは、保全管理について「(樹勢の低下が)気になってからでは遅い。剪定などを行うことで、ある程度の樹勢回復が見込める木もある。保全管理を行う場合、樹木医は予算に合わせて提言はできます」としている。
また桜の日常管理は長年、地元自治会による「伊勢地景勝・史跡保存開発事業委員会」が行っているが、高齢化で将来の担い手不足が危惧される。
そこで地元出身で市の嘱託職員の田中さんが、この名勝を守り次世代に継承するため同会を発足。会員は他地域からも広く募っており、桜愛好家など40名。今月2日には、県の事業で派遣された学生とともに桜マップづくりを行った。
田中さんは「会員から多種多様な意見を取り入れ、桜を積極的に守る仕組み作りに取り組んでいく。将来的には、(後継者がいない)茅葺きの家屋の利活用に繋げることや、桜の時季に地元の物産を販売するなど経済面での取り組みも検討しています」と抱負を話す。
津市の重要な観光資源であり、古来から地域住民の生活とともに在る三多気の桜。再生には地域内外の様々な立場の人・行政・専門家などの連携が必要であり、同保全会の活躍が期待される。
同保全会への問い合わせは田中さん☎090・7032・6487、またはメールmk43@ztv.ne.jpへ。

三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第75回文化講演会?「発見塾」が9月30日(土)13時半~15時、津リージョンプラザ健康教室で開かれる。主管=津文化協会。後援=三重大学、本紙。
今回の講師は同大人文学部の塚本明教授。演題は『国の文化財になった鳥羽・志摩の海女─その歴史と魅力─』。
今年3月に「鳥羽・志摩の海女漁の技術」が国の重要無形民俗文化財に指定された。漁村に生きる名もなき女性の生業が、なぜ「文化財」として評価されたのか?
鳥羽・志摩は歴史的に海女文化の中心地。万葉集にも謳われ、浮世絵に描かれ、見世物小屋や博覧会の人気者になるなど、海女に注がれる人々の視線も昔から様々だった。
海の資源を守り、自然と共生する生業、無理をしない働き方など、現代文明の対極にある海女漁の魅力に迫る。
入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。
問い合わせは☎090・1236・1144辻本さん。

鳥羽の日である10月8日、鳥羽市で行う「真珠のように輝く植樹祭」と同時開催するミニツアーの参加者を募集中。主催=三重県、鳥羽市、(公社)三重県緑化推進協会、みえ森づくりサポートセンター。共催=三重トヨペット㈱、(一社)伊勢志摩国立公園協会。
当日のスケジュール…オープニング10時~、各ミニツアー体験10時15分~14時半まで(会場では体験イベント実施)、15時~式典、15時半~植樹イベント、16時閉会。
ミニツアーは、3種類のコースを選択可。①日和山の自然観察…森の先生と一緒に樹木や自然観察のネイチャーゲームを行う。運が良ければサシバ(タカの仲間)の渡りを観察②離島探検…環境省志摩自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーと一緒に答志島の自然を満喫(満10歳以上)③森と海の係わり…海の博物館で森と海の関わりについて海藻を通じて学ぶ。
参加費無料だが、事前申し込みが必須。住所、氏名、年齢、☎、参加したいツアー(①②③で選択)、無料バス乗車の有無(津駅東口ローソン前7時45分集合、18時解散)を、☎059・224・2513、FAX059・224・2070、メールmidori@pref.mie.jpのいずれかで伝えること。
各ミニツアー定員20名程度。参加者多数の場合は抽選。応募締切は9月29日必着。
注意事項…参加決定者には案内あり。参加者はオープニングから閉会まで参加必須。雨天の場合は③のみ。昼食は各自持参。参加者には木工クラフト進呈。

[ 1 / 21 ページ ]12345...1020...Last »