ようやく転院が決まり、家族も同乗して早朝に出発した搬送車輌は、順調に走っていた。
この日の患者は高齢者。出庫から目的地、帰路を合わせると丸一日の予定。距離は往復で1000㌔になる。阪神方面へ人工呼吸器装着の患者さんの搬送を終えて間もなく、今回の搬送が決まった。そのため、運行者の体調を戻すのも容易ではない。距離も長く、交代で運転するため2種免許を持つ当社応援の看護師と家族、機器、荷物等で満車。事前の打ち合わせを行い、患者さんの負担が少ない今回の陸上搬送になった。
最近、高速道路の事故も頻繁に発生しているので、渋滞時の患者さんの体調も心配される。そのため、万一の時を考え休憩箇所もポイントを絞った。出発時、搬送元病院の看護師達と挨拶できたのが幸いしたのか、患者さんは車窓を眺める余裕もみられ、車内は比較的落ち着いている。
7月に参加したDMAT(巨大地震等を想定した災害派遣医療チーム)による広域医療搬送の実働訓練では、緊迫した中で医師、看護師、ドライバーが呼吸を合わせて機能を発揮し勉強できたことが今回の搬送にも役立っている。
幸い、出発時刻が早いこともあり、高速道路の車数は少ない。逆に、各車のスピードが速い。我々の後方へ接近してくる者さえいる。これにペースを合わせてしまうと、搬送運転にも力を入れ過ぎて、抜きつ抜かれつの危険な状態になるので、平素の運転以上に慎重さが要求される。
患者さんを「安全」に送り届けるのは、一口で言えば簡単だが、その時々に応じた判断が求められる。
距離が長ければ尚さらで、搬送元病院のカンファレンスが必須。添乗する看護師からも色々な質問があったので綿密に打ち合わせし、提供された医療情報などに基づいて車を進めた。
万一のことがあった時に備えてはいたものの、車内の我々に意外なことがあった。「車の窓は広いのう。外の景色も、横の車もどんどん追い越していく。気持ちがええのう」。概ね体を横にしているとは言え、このような言葉が出るとは、誰もが思っていなかった。ドライバー、看護師も一様に安堵の表情。このまま目的地へ、微笑ましい表情が続くことを願った。
概ね半分の時間が過ぎた頃、光景もようやく家屋の出で立ちが変わってきた。「もうちょっとやで。頑張れ」。家族が励ます。看護師もバイタルのチェックをするが、それも必要ないほど眼差しがはっきりしている様子が車内のミラーからも見て取れる。
ようやくインターチェンジを降りる頃には、車内では会話に花が咲いていた。「もう少しだ、よかった」。正直そう思った。車の揺れや気温も、病院内とは比較にならないが、患者さんも努力したに違いない。
今まで運転したことのない地を走り、搬送先病院へ着いたのは、西日が強くなってきた頃だった。まずは、患者さんを先行して下車させ、院内で看護師から状況を報告して終了した。
毎日行き先、搬送患者の状態は異なるし、長距離や緊迫する時など様々だが、常に安全はもとより「勉強させていただく」の気持ちを忘れずのぞみたい。
到着した時にいつももらう「ありがとう」の言葉が、明日への原動力につながっている。
(日本福祉タクシー協会 ・民間救急はあと福祉タクシー)