テレビの出演者に文句をつけるのも何だかおこがましいけれど、近頃「させていただく」という表現が気になってしかたがない。使いすぎではないだろうか。
相手に許可を求める場合なら「させていただく」もありだが、自分の判断ですることにその表現を使われると違和感を覚える。「結婚させていただきます」「答弁させていただきます」など聞くと、どうぞご勝手にと言いたくなる。
丁寧に言っているつもりだろうが、しばしば不適切な敬語に聞こえる。「させていただく」より「いたします」を、「言わせていただく」より「申し上げます」を使った方が美しい。
敬語は本当に難しい。私もつい「拝見いたします」「お伺いいたします」など二重敬語を使ってしまう。「ご確認ください」「伺います」は良いけれど、「ご確認してください」「お伺いさせていただきます」はおかしい。
きちんとした敬語はコミュニケーションの基本。どこかでしっかり学ぶ必要がある。できたら、覚えの良い子どもの頃に見聞きして身に着けるのが望ましいと思う。
でも、テレビであんなに「させていただく」と言っているので、それが正しい使い方になるのも間近かもしれない。「させていただく」一つ覚えて敬語になるなら、それはそれで、便利かとも思う。(舞)