今も世界のどこかで戦いや暗殺が起こっています。主義主張を論じて命の果てるまで戦っています。戦いは古代から天皇、貴族、武士、天皇と繰り返し繰り返し時代を経て今に繋がっています。
日本の歴史には「乱」「変」「役」「陣」があります。「乱」は時代の権力者に対して反乱を起すが、権力者が勝利した戦い(例えば、島原の乱・壬申の乱等)。「変」は反乱を起した結果、成功して歴史的変動のある戦い(本能寺の変・桜田門外の変等)。「役」は他国の侵略や、対外戦争(元寇の役・文禄の役・慶長の役等)。「陣」は本人の考えとは関係なく権力者の命令によって人々が集められて起された戦い(大坂冬の陣・夏の陣等)があります
来年のNHKの大河ドラマは「西郷隆盛」に決定しましたね。明治維新を導いた「維新の三傑」(西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通)の一人、西郷の生き方と西南戦争の事が気になりました。
西郷隆盛は薩摩藩の下級武士の出身です。彼は郷中教育(学びのシステム=判断力・決断力・政治力を養う)を受けて育っています。そして彼を見出したのが第十一代薩摩藩主島津斉彬です。
斉彬は日本の近代化の為に改革を進めており、その人材を登用したのが西郷隆盛です。西郷のたび重なる意見書に注目し、彼を呼び出して言いました。
「薩摩藩は井の中の蛙ではダメだ!井から出て日本の蛙になれ、視野を広げよ」と。
西郷が必ず大物になるだろうと斉彬は見抜いていました。この斉彬のカウンターパンチがよく効いたのでしょう。西郷は期待に応じています。日本の政事状勢(薩長同盟・王政復古・江戸開城・廃藩断行)に尽力し、そして諸国の事情に心を配り、努力しています。
江戸開城は斉彬の計らいで元治元年(1864)九月に大坂城で非公式な「勝海舟・西郷隆盛の会談」で西郷は勝海舟の人となりを見て、お互いに幕府の事よりも日本国を守ろうとする客観的な視野を持つ者同士と思いました。その結果、江戸は無血開城となりました。
また明治天皇は股肱の臣として西郷を信頼されました。当時、外交面では欧米の不平等条約は改正されず、また朝鮮とは絶交状態になっていたので 西郷は明治六年(1873)に征韓論(朝鮮に全権使節を派遣して平和的、友好的に国交を維持しようとする意見書)を提出しますが却下された。
政事に敗れ(明治六年の政変)、下野して薩摩に戻ります。しかし、政府にすべての特権を奪われたと不満を持つ士族に推されて西南戦争を決起し、激しく戦いますがついに破れ、鹿児島の城山で妻の糸子が縫った絹の単衣に白い兵児帯を締めて「もう、ここらでよか」と言い残して自刃します。享年五一歳。
西郷の性格は口数少ないが思いやりがあり、懐の大きな人物でした。存在感はいるだけで相手を説得させるだけの力量の持ち主。
だからこの士族の反乱(西南戦争)では人の為に生き、彼を慕う多くの士族の気持ちを受けいれたのです。
彼は維新の英雄であり、又、逆賊の汚名をすべて背負って幕を引きました。
この明治維新と西南戦争で武士はいなくなりました。しかしながら、礼節、品格、価値観の精神は日本人の心の中に深く繋がれています。
ちなみに西郷と共に活躍した勝海舟は後に西郷の名誉回復と功績をたたえる運動をし、西郷の子供達の面倒を見ています。明治天皇は歌会で「西郷隆盛には罪はない。維新の大功者だ。」と明治二二年に賊名を除き、正三位を追贈しています。
戦争は悲しみの集合です。常に人を慈しむ心を持っていたいですね。
鹿児島をこよなく愛し、誠実で心大きな西郷さんの銅像が東京上野公園に建てられています。彼の目は未来のすばらしい日本の幸せを願ってくれているように感じました。

(全国歴史研究会、三重歴史研究会及びときめき高虎会会員)