観光客で賑わう奈良公園では、鹿たちがしきりにエサをねだっている。暑さも一段落で食欲旺盛のようだ。この『奈良のシカ』は春日大社の『神鹿(しんろく)』とされ、文化財保護法に基づく保護の対象となっており、約4000頭が生息する。今回で88回目の奈良訪問となる。
公園の客層は相変わらずインターナショナルである。わざわざゴールデンルートから離れてここを訪れるのは、貴重なお金と時間を費やすだけの価値を知る者ばかりかも知れない。外国人しか見かけなかった真夏と比べると、日本人客も少し増えたようだ。間もなく修学旅行のシーズンも来るだろう。
『国連世界観光機関駐日事務所』は、この奈良公園から遠くないJR奈良駅近くにある。

国連界観光機関では局長が応対してくれた。今年の国連世界観光機関のテーマは『持続可能な観光国際年2017』。10月5日にはその啓発の一環として、グローバル観光セミナー『ガストロノミーを通じた持続可能な観光・国際交流の可能性』が開催された。
これは『食』を観光コンテンツとした取組みで、ランドマークのない地域でも成功する可能性があるとする。
とはいえ、別段これは日本では珍しいことではない。大抵の旅館では、ずっと前から『一泊二食』で郷土料理が提供されている。三重県でも得意な分野である。
今回の訪問では、『ツーリズム』の国際社会に対する役割の再認識が共有できた。戦争の対極にあるのが平和産業としての『国際観光』だからである。
また、総会が近いことから、タイ人の女性観光客が1800万円の入院手術費用を日本で抱えたニュースを踏まえ、義務的な旅行保険の重要性についても話した。そのような啓発ができるのは国際機関だけだからである。

相互情報共有のために、ボランタリズムで奈良訪問を開始したのは2009年のちょうど今頃で、当時はまだ国道166号線沿線の宇陀市までだった。 それが、2010年に奈良県全域で開催された『平城遷都1300年祭』の、三重県内でのプロモーションを担うにあたり、奈良市にまで行き着いた。
月に一度の訪問はこの頃からである。このプロモーションイベントは、津と紀北町の観光協会、そして宇陀市と松阪市の協力も得て、2010年には『中部国際空港』の催事ホールを2日間借り切って開催、翌年には『津エアポートライン』でも開催できた。
福島第一原発事故が発生したのはその翌月であり、これによりインバウンドは大幅に減少した。国連世界観光機関を訪ねるようになったのはこの頃からで、経済協力開発機構(ОECD)と欧州統計局(EUROSTAT)が2013年に日本で初の『国際観光統計フォーラム』を開催した際に、たまたまO・H・M・S・Sブースの隣が国連世界観光機関のブースだった事もあり、それ以来、セミナーやフォーラムにはできる限り参加させてもらうようになった。 国のはじまりである奈良県や三重県を客観的にみる為だ。

ご存知のように、この奈良県と三重県は隣接しており、紀伊半島を縦断する伊勢本街道で繋がる津市・松阪市と宇陀市は、今は国道で直結している。現在、宇陀市では市民に向けた広報紙で、『古事記』『日本書紀』『万葉集』にまつわる話を連載中で、今月は本居宣長の『菅笠日記』に記録された3月の旅程を紹介している。
その中で宣長さんは投宿した榛原で、萩の咲く秋に来た方が良かったとの句を詠んでいる。
近年の榛原は、大阪のベッドタウンとして、近鉄榛原駅を中心に発展した宇陀市最大の都市だ。インフラも整っている。だが、急速な少子高齢化の波はここも同じようで、他都市との観光交流が必要なのは否めない。近隣諸県との情報共有が必要だ。
たとえば三重県と奈良県は同じ文化圏だった隣同士だが、今の三重では、遠く離れた長野県や静岡県はあるのに奈良県の天気予報さえ無い。それぞれが別々の経済圏に属する為に、メディアの縄張りが分断されているからだ。
したがって、戦国武将ブームも定着した感があるものの、宇陀市の三将を知る者は三重県には殆どいないし、その逆も然りである。このように情報交流が非常に限られている中、広報紙による紹介はとても価値があるといえる。
三重県も、リニア中央新幹線のみならず、隣県にも関心を持つべきだ。でなければ、どちらの県も通過都市と化すに違いない。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)