今年誕生65周年を迎えた「ボートレース津」は、名張市や岐阜県での場外発売場開設や、電話投票の増益を図る施策などにより売上が改善傾向で、平成28年度に続き29年度も一般会計への操り出しができる見込み。また29年度から会計処理方法を、資産の状況を把握できる「発生主義会計」に変更したほか、年度内に施設整備計画を策定し、引き続き、経営基盤の強化と、市財政への貢献を目指していく。

 

平成29年3月にオープンした「チケットショップ養老」

平成29年3月にオープンした「チケットショップ養老」

競艇・競馬等の公営競技は、レジャーの多様化などにより全国的に入場者数・売上が減少。ボートレース津の売上も平成2年度の503億円をピークに年々減っていた。
また平成9年度~同14年度に行われたスタンド改修の総工費約171億円のうち、約78億円は借入で、売上の低下と借入の償還が重なり、16年度より市の一般会計への繰り出しがストップ。経営
改善が市政の大きな課題となっていた。
この状況が好転したのは23年度。ボートレース津隣接地にオープンし、早朝からナイターまで営業する外向発売所「津インクル」により、売上が大幅に向上し、28年度には12年ぶりに繰り出しが復活した。
また津市は27年度、名張市に「ミニボートピア名張」、28年度には岐阜県養老町に「チケットショップ養老」をオープン。
それぞれ場外舟券売場がなかった2地域に設置してボートレースファンのニーズに応えたこともあり、一日の想定売上(各700万円・500万円)を月平均で達成している。
また近年需要が増加している電話投票の増益を図り、27年12月にホームページをリニューアルしたところ、28年度の電話投票の売上が129億9千万円(22年度比で247%)と大幅に増加。
ほかにもグレードレースの獲得、プレミアム指定席・大型映像装置の設置など様々な施策を実施し、単年度純利益は26年度に3億6千万円、27年度に7億4千万円、28年度は8億円と増収。29年
度も経営の改善傾向は続き、一般会計へ1億円の操り出しを予算計上して
いる。
ただし、今後の経営には課題もあり、単年度純利益が大幅に改善している一方で、来場者数は減少傾向。また、借入の償還額はピーク時の6億~7億円を超え今年度は約2億8千万円で、36年度に完済するが、今後、競技棟など老朽化している施設の維持管理費用の増加が見込まれている。
このような中、ボートレース津は、誕生65周年の節目である今年の4月に、適切な経営判断に繋げるため、地方公営企業法を財務適用し、会計処理方法を「現金主義」から資産の状況を把握できる「発生主義会計」に移行。 基本方針として、①津市財政への貢献を継続②ボートレースファンの満足度向上③さらなる経営基盤の強化を掲げる。また駐車場への店舗誘致など施設の在り方を検討ししており、今年度中に施設整備計画を策定する。
本場と場外の両方で積極的な施策を展開し、経営が安定しつつあるボートレース津。将来に亘る収益確保には新規ファン
獲得が重要で、施設整備計画などの取り組みに期待したい。