七寺社の代表者ら

七寺社の代表者ら

2日、津市一志町波瀬の安楽寺で、「伊勢の津七福神」の開創5周年記念法会と新布袋尊開創記念祭が催された。
伊勢の津七福神は、津市内の霊験あらたかな7寺社が宗教・宗派の垣根を超えて連携した霊場めぐり。それぞれを七福神の一柱に見立てており、技芸上達の弁才天霊場・円光寺=河 芸町上野、五穀豊穣の大黒天霊場・四天王寺=栄町、必勝祈願の毘沙門天霊場・津観音=大門、無病息災の福禄寿霊場・結城神社=藤方、延命長寿の寿老神霊場・高山神社=丸之内、商売繁盛の恵比須天霊場・初馬寺=栄町のほか、子孫繁栄の布袋尊霊場が同日、榊原町の地蔵寺から安楽寺へ変更となった。
法会には7寺社の代表者らのほか、安楽寺の檀家など、約300名が参列。導師は同寺の和田正道住職(35)で、般若心経の読経のほか、神仏習合の七福神ならではのスタイルで執り行われた。
伊勢の津七福神霊場会会長で円光寺の坂倉賢芳住職(71)は「安楽寺に加わって頂き心強い。七福神が永遠に続くことを祈念する」と挨拶。続いて、和田住職も醍醐天皇の勅願によって建てられた寺の縁起を語った。その後、三重県曹洞宗青年会の「鼓司」が和太鼓演奏の奉納を行った。