5日、津市大門の津市センターパレスホールで津商工会議所=岡本直之会頭=主催の『平成30年・第32回年賀会』が開かれ、地元政財界から約470名が出席。昨年はお伊勢さん菓子博の開催、サオリーナのオープン、高田本山専修寺の御影堂と如来堂の国宝指定など、地域経済にとって追い風が吹いたが、今年は125周年の節目を迎える同会議所として「犬馬の労をとる」心構えで務めることを誓った。

 

IMG_3367 今年も開幕は津商工会議所青年部元気玉太鼓による勇壮な和太鼓演奏。
冒頭の挨拶で岡本会頭は昨年に行われたお伊勢さん菓子博による経済効果や、サオリーナ完成と高田本山専修寺の御影堂と如来堂の国宝指定など三重県や津市の経済にとって追い風のニュースを挙げた上で、交流人口の増加の準備が整ったと指摘。「今年は全国高校総体がサオリーナで行われるが、我々もそれに満足せず、うなぎや松阪肉を味わって頂き、専修寺に足を伸ばして頂き、榊原温泉でゆっくり試合の疲れをとって頂くなど、選手や関係者の皆様の消費を生み出す工夫をしなければならない」と呼びかけた。
そして、同商議所設立125周年を5月に迎えることを紹介すると共に戌年にちなみ、人のために力を尽くす「犬馬の労をとる」という言葉を掲げ、より一層地元の商工業者や地域の発展のために力を注いでいくことを約束した。
続いて、鈴木英敬三重県知事が登壇し「今年はリーマンショックから10年が経過した。三重県もGDPの下落率が全国一位という苦しい経済環境だったが、それが回復し人出不足になっている。それを支えてくれているのは中小企業で、その足腰を強くすることが経済の発展につながる」と挨拶。県として事業承継に力を入れるとした。
前葉泰幸津市長は「これからはまちづくりに加えて、くらしづくりに取り組んでいく」とし、就学前児童の窓口医療費無料化や認定こども園の開設など、津市の取組みを紹介。「それには元気な地域経済が不可欠」と結んだ。
そして、岡本会頭、会員の年男たちが鏡開きを行い景気づけ。田中勝博津市議会議長が音頭をとり盛大に乾杯が行われた後、参加者は交流を楽しんだ。