2017年の相場は熱狂なき世界株高と言えます、金融緩和であふれるマネーがあらゆる資産に流れ込みました。世界30か国以上の株価指数が最高値を更新し、世界株の時価総額が84兆ドルと1年で15兆ドル21%増加しました。
債券や原油、金も同時に買われています。世界の債券の時価総額も170兆ドルと同17兆ドル10%超増加。株債券合計の増加額は2017年の世界GDP増加額のなんと6倍と実体経済の拡大を大きく超えています。
商品市場でも銅やアルミが3割、原油も1割上昇。安全資産であり、本来リスク資産と逆相関に動く金も1割上昇しました。
背景には世界同時好況と金融緩和があります。2009年のリーマン危機後、世界的に金融緩和が大規模に実施され、今も最大規模に中央銀行が市場から国債・株式・不動産を購入し、市場にお金を供給し続けています。
日米欧中央銀行の総資産は14・3兆ドルと10年前の3・6倍に膨張。世界の政府企業家計の債務はこの間226兆ドルと過去最大で世界のGDPの3・2倍にも達しています。
世界同時好況と低金利の併存は、市場の変動率を低下させました。株高はじわじわと進み日々の値動きは小幅で株価の変動率を示す米VIX指数は23年ぶりに最低を更新しています。
1月に入りさらに増加した世界株の時価総額は86兆5300億ドルと2017年推計世界のGDP78兆ドルの110%に達しています。
この数値が100%を超えると株価は割高とされます。ITバブル(1999年)では約8%、サブプライムバブル(2007年)では約9%上回り、15年夏の中国人民元ショック直前の指標も100%を突破し、程なくして株価は大きく下落しています。
昨年FRBは3月・6月・12月の3回の利上げを実施しました、このような局面ではドル高を通じて新興国から資金が逃げるのが通例ですが、2017年のドルインデックスは7%下落しています。ドル安のため新興国からの資本逃避が起こらず世界同時株高につながったと言えます。
過去の相場変動の兆候を示すシグナルが最近いくつか生じています。
一つに2年物ギリシャ国債と米国債の利回りの逆転があります。FRB米連邦準備制度理事会の利上げにより2年米国債は1・2%から2%近くまで上昇、ギリシャ国債は1年半前には10%超から今や1%台まで低下。利回りがダブルA格の米国債より、投資不適格ダブルBよりもさらに信用力が低いシングルB格のギリシャ国債の利回りが低いという事はいかに債券市場にもお金があふれているかの証明です。両指数の逆転はリーマンショック前の2007年8月以来になります。
二つに2018年米国の長短金利が逆転か?昨年3回の利上げで米国の短期金利は上昇していますが、日欧などがマイナス金利の為運用難から世界の投資マネーが利回りの高い米債に流入しています。
そのため10年債の長期金利の上昇が抑えられています。短期金利は金融政策に連動し、長期金利は将来の景気に影響するといわれています。短期より長期のほうが通常金利は高いわけです。
過去に逆イールドが起きた2000年や2007年はFRBが利上げを進めた時期で、その後1年から2年で米景気が後退しています。
(次号に続く)

新長野トンネルを抜け、伊賀市へ

新長野トンネルを抜け、伊賀市へ

伊賀市上阿波の集落

伊賀市上阿波の集落

新長野トンネルを抜けると、いよいよ伊賀市。時刻は11時過ぎ。日没時刻は17時前なので今日の目的地の上野市駅まで残り20㎞以上あることを考えると余裕はない。
少し進むと現在の国道と昭和のトンネルから続く道とが交差する場所に出る。ここから登った少し先には伊賀越えの道がある。江戸時代には多くの人々がこの道を行き来しながら旅をした。
その近くには松尾芭蕉の句碑「猿蓑塚」。碑に刻まれている「初しぐれ 猿も小みのを ほしげ也」は芭蕉がこの峠道を歩いていた際、時雨に打たれて震える猿の様子を見て詠んだものである。この辺りを歩くのは初めてなこともあり、雨にこそたたられていないが、近い経験をした今は、よりこの句の世界を鮮明に思い描くことができるようになった気がする。個人的に大学生の頃に指導を受けた教授が芭蕉の研究をしており、この句には馴染みもあったので、感慨もひとしおである。
そこからは、どんどん坂道を下っていくと上阿波の集落。伊賀市に合併した旧大山田村の前に、この一帯の集落で形成していた阿波村は、明治の長野トンネルの着工を発案し、大きな負担を担った。伊賀街道沿いの宿場町で、難所を克服するという強い決意や特産品の木炭を生み出す豊かな緑がその原動力となったことだろう。
そこから130年以上過ぎた現在、地域経済を支えた農林業を取り巻く環境も厳しくなり、この辺りにも高齢化と人口減少の波が容赦なく押し寄せていることは、国道沿いに連なる家々を見ただけでもわかる。軒先の様子や干されている洗濯物などから高齢者のみで生活しているのであろう家も散見される。
この地域に限ったことではないので、少し話はそれるが、昨今の都会への人口集中と、それに伴う地方の衰退にどう取り組めば良いのかということは常に頭をよぎる課題である。明確な答えというものはないが、そのヒントとなる言葉に最近出会った。その方は県内で林業に携わり、生まれ育った地域の活性化に取り組まれているが「田舎の人は夜の闇を明るくしようと考えるが、私の暮らす地域ではその闇のおかげで世界的に見てもトップクラスの数の星を観測することができる。闇を魅力的と気付けるかどうかが大切」と力強く語っていた。また、別の方だが「人口が少なくなった分、土地や資源などのリソースを都会に比べると一人頭換算で何倍も費やすことができる」という話も聞いたことがある。つまり、地元の人たちが何もないと思っているところには必ず何かがあるということだ。一度は消えかかったレコードやカセットテープが近年、若者に人気なように、魅力に気付けるかが非常に重要といえる。
この大山田地域でも豊かな自然と農林業という地域の魅力をより多くの人に伝えながら、地域活性化に向けた取り組みが行わているようだ。
国道に沿って流れる服部川。木津川に注ぐ清流は古より地域や街道をゆく人々の姿を見守り続けている。悠久の時の中で移ろい続ける人々の営みは変幻自在の水のようである。未来がどんな形になるかは今を生きる私たち次第なのかもしれない。(三重ふるさと新聞報道部長・麻生純矢)

ウォーキングや健康チェックして楽しい一日を過ごしませんか!
津市大門大通り商店街振興組合は2月10日㈯9時15分~15時に行う「みんなで歩こう 大門健康づくりスペシャルウォーキング」への参加者を募集している。平成29年度津市商店街にぎわい創出活動支援事業。主催=市民対話カフェ ツゥサロン。
大門大通り商店街から中心市街地をウォーキングしてもらい、街に親しんでもらうと同時に、健康づくりに役立ててもらうのが目的。
◆スケジュールは
9時15分・街の駅だいもん内の健康づくり受付所で受付~9時50分・ウォーキング(なぎさまちコース)。戻った人から順次健康チェック(骨密度・体脂肪・握力を測定)~11時・健康セミナー(健康運動実践指導者による講話・実技)~12時昼休憩~13時・ウォーキング(お城公園・高山神社コース)~戻り~終了。
◆特典=①当日はウォークキングのポイントが通常の3倍になる。
②昼食は商店街飲食店で無料で提供(利用できる店は抽選)。
③抽選で商店街の品物が当たる。
◆持ち物=歩数計(スマートフォン対応アプリでも可)。健康づくり手帳(無い人は受付で案内)。
◆申込み・問い合わせ=申込み用紙に氏名(グループの場合は全員)・住所・年齢・当日連絡がとれる電話番号を記入してFAX059・229・4868、または組合事務所へ持参。☎津223・0090での申込みも可(10時~16時半、水曜・日曜定休。小雨決行。締切2月5日㈪)。
だいたて駐車場入庫1時間無料(9時~18時まで)。

[ 4 / 6 ページ ]« First...23456