県下最大級の農産物直売所を備えた施設「高野尾花街道 朝津味」を運営する『㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重』が『高野尾農業塾』の第2期を開講。就農をめざす塾生に対して、土づくりを中心に高品質かつ低農薬の野菜栽培法を指導。収穫した野菜は朝津味へ出荷・販売までを行い、農業を生業とするためのプロセスを実践できる。昨年以上に内容の充実を図り、農業の未来を担う後継者育成と共に農業を軸とした地域振興への取り組みを強化する。

 

 

昨年の農業塾の様子

昨年の農業塾の様子

朝津味は、農業による地域振興を目的に一昨年7月にオープン。地元高野尾町の周辺農家が育てた農産物のみならず、多彩な加工品などを販売する直売所には日々多くの人が訪れており、出荷者の販路拡大にも貢献している。
『高野尾農業塾』は、農業者が抱える高齢化と後継者不足という構造的な問題を解決することを目的に昨年より開講している。既存の農業塾は、家庭菜園向けの内容で、受講者全員に同じ面積の土地を貸し出し、収穫までを目的としたものが多い。それに対し、この農業塾は、将来的に農業に従事したい人をメインターゲットとし、消費者ニーズの高い安心・安全かつ高品質の野菜栽培技術や農業を営む上で必要な知識について指導を受けられるだけでなく、自分で朝津味に野菜を出荷・販売するまで実践。就農して農業で生計を立てる上で非常に重要となる出荷・販売の部分を体験しながら自身の適性を知ることができるのが最大の特徴といえる。
指導陣は、塾長に三重県農業会議常任会議委員で津安芸農協女性部長の佐野すま子さん、講師に三重県農業普及センターの薮田信次さんと三重県津農林水産事務所の中村佑太郎さん、アドバイザーに三重大学大学院生物資源研究科講師の坂井勝さんらという顔ぶれ。場所は朝津味正面にある約3反の農地で、塾生がそれぞれ自分に合った面積を借りることができる。栽培品目は春季がジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、エダマメ、ラッカセイ。秋季がジャガイモ、カボチャ、スイスチャード。農地での技術指導だけで無く、月2回ペースで講座を開催。野菜栽培の基礎から土づくり、作付計画の立て方、農機具の手入れや減農薬に至るまで、消費者に求められる野菜づくりに必要な知識を学ぶことできる。
幅広い世代に農業へ関心を持ってもらおうと、今年は高田中学校と高等学校の生徒の農業塾参加も決まっている。その他三重県総合博物館と連携し、アサギマダラが飛来するフジバカマの栽培。花を活用した地域振興への取り組みを行ったり、農業者に向けた津市の農業振興について考えるシンポジウムも開催。後継者育成だけでなく幅広い視点で農業の未来を考える機会をつくる。昨年には塾生が育てたサトイモを津市と姉妹都市提携を結ぶ北海道の上富良野町で販売するなど、農業を軸とした地域振興から更に一歩踏み込んだ地域間交流につなげる試みも行われている。
農業塾への参加資格は農業での生計を立てることをめざす若者から、セカンドライフに農業を始めたいという高齢者まで年齢・性別に関係なく、地域活性化やコミュニティ形成にも熱意がある人。定員は15組(集まり次第締切。夫婦での申し込みも歓迎)。講習費は無料だが苗代など、農作業で発生する費用は実費負担が必要。募集期間は今月28日まで。朝津味に設置している専用の申込用紙に必要事項を記入すること。
問い合わせはフューチャー・ファーム・コミュニティ三重☎059・230・8701(小寺さんへ)。