美しいしだれ梅

美しいしだれ梅

昨年の観梅祈願祭を執り行った7寺社の代表者ら

昨年の観梅祈願祭を執り行った7寺社の代表者ら

津市藤方の結城神社で今年も「しだれ梅まつり」が開かれている。
南朝の忠臣・結城宗広公を祀る同神社は紅白のしだれ梅約300本が咲き乱れる東海地方屈指の梅の名所。見頃は今週末から来月上旬にかけてとみられる。
また、同神社は宗教・宗派の壁を越えた霊場めぐり『伊勢の津七福神』の福禄寿霊場でもあり2月27日㈫11時からは、七福神の他の6寺社(四天王寺=津市栄町=・津観音=津市大門=・円光寺=津市河芸町上野=・初馬寺=津市栄町=・高山神社=津市丸之内=・安楽寺=津市一志町波瀬)と、「観梅祈願祭」を開催。本殿で7寺社の代表者たちが無病息災・五穀豊穣・必勝祈願・商売繁盛・技芸上達・延命長寿・子孫繁栄を祈願し、梅園内を練り歩く。
土日には家運繁栄と健康を祈願する梅花祭などの催しも開催。梅園の拝観料は大人500円、小人(小中学生)200円。混雑が予想されるので、できる限り公共の交通機関の利用を。しだれ梅まつり開催中の開苑時間は9時~17時。期間は3月下旬迄。
問い合わせは☎059・228・4806。