津市観音寺町の「偕楽霊苑」にある市有地の林や池などには、墓への納骨後に不要となった骨壺がいくつも捨てられている。自宅へ持ち帰るのを嫌がったり、処分の仕方が分からず、止む無く捨てた物がほとんどと思われるが、過去には付近で業者とみられる骨壺の不法投棄も発生。問題の根本には葬儀に対する考え方の変化も関わっている。

 

土中に埋められていた骨壺

土中に埋められていた骨壺

 

池に捨てられ、藻類に覆われた骨壺

池に捨てられ、藻類に覆われた骨壺

このような状況が常態化したのは10年以上前。この霊苑は戦後に、市内のいくつもの寺の墓地が集約される形でつくられた市内屈指の規模。その一角にある市有地の林や竹藪を中心に至るところに大小の骨壺が打ち捨てられている。それらは無造作に地面に転がっているものから、人目をはばかったせいか少し埋められているもの、池の中に投げ捨てられ、びっしりと藻類で覆われているものまで様々。墓地近くの道路脇で目を凝らすと、明らかに骨壺とみられる白い陶片を見つけることもできる。本紙では3年前にも、この状況を取り上げたが、一向に改善していない。津市内には多くの墓地はあるが、日常的に骨壺が転がっているのは極めて稀といえるだろう。
もちろん、墓地の各区画を管理している寺院では対応に多少の差はあれど墓に納骨後に不要となった骨壺を引き取ったり、墓地のゴミ捨て場に骨壺が置かれている場合も処理を行ったり、家庭での処分の方法を伝えるなど檀家に対しては然るべき対応を行っている。やはり、故人の遺骨が入れられていた骨壺を家への持ち帰ることは敬遠されがちで、どうすれば良いのか、菩提寺に相談する檀家も少なくない。
どのような人が骨壺を捨てているかはわからないが近年の葬儀の在り方の変化が関わっている可能性が高い。近年では菩提寺に声をかけず、家族のみでひっそりと葬儀を行い、墓に納骨する人もいる。そのため、骨壺をどう処分すれば良いかわからず、止む無く捨ててしまったというケースもあるとみられる。
しかし、実際は家庭で骨壺を処分するのはそう難しくない。ゴミ捨て場で無用の誤解を招かないように、細かく砕いて新聞紙などでくるんで出せば、市が燃やせないゴミとして処分してくれる。それ以外にも、有料で業者に処分してもらうといった方法もある。
また、この霊苑で市が管理しているのは墓地の周囲の道路や竹藪、池のみということもあり、公園などのように、普段の巡回や清掃などが行き届きづらいことも骨壺が捨てられる一因になっている。更に立地する地域の住民が管理と利用をしていることが多い小規模の墓地と違い、大規模で不特定多数の人間が出入りしやすい環境も拍車をかけているとみられる。
景観的な問題もあるが、最も恐れるべきなのは骨壺が骨壺を呼ぶという状況だ。実際に数年前、業者による大量の不法投棄とみられる事例も発生。このような状況が続けば、最悪の場合、遺骨が入ったままの骨壺が遺棄されてしまうというケースが発生してもおかしくない。
この霊苑は、津市を代表する桜の名所の一つである偕楽公園が近く、桜の時季には隣接する駐車場が開放される。市内外から多くの人たちが訪れることを考えれば、市にとっても放置すべき問題とはいえない。
ただ、この問題の根は深く、立て看板などの注意喚起だけで解決できるものではない。個人のモラルの問題と切り捨てるのは簡単だが、なぜこのような問題が起こっているのかを、冷静に分析することも必要だ。
家族や葬儀に対する考え方や価値観が多様化し、親から子へ墓を受け継ぎ次の世代へと渡すという不文律も崩れ始めている。そういった背景から生まれるこの問題は誰にとっても決して無縁ではない。多くの人々が真摯に向き合うべきといえるかもしれない。

商店街には雛人形も展示

商店街には雛人形も展示

トロッコ列車に乗れるよ!

トロッコ列車に乗れるよ!

大門大通り商店街サロンは3月3日㈯10時~15時、同商店街と津観音で「大門ありえやんフェス3」を開く。後援=津市・津市教委。共催=津市大門大通り商店街振興組合。入場無料。平成29年度津市商店街にぎわい創出活動支援事業。
「ありえやんこと、一緒に体験しませんか?」をテーマに様々なイベントを通じて地域活性化を目指す。
例えば…
▼「トロッコ列車の乗車体験と記念撮影」=商店街をトロッコ列車が走る楽しいイベント。
▼親子で体験しませんか「地震体験車」=巨大地震の発生が危惧される昨今、地震を実際に体感してもらうことで防災意識を高めてもらう。
▼100円大抽選会=お菓子を買って抽選会に参加。商店街の商品が当たる。
このほか、おいしいキッチンカーの大集合や、楽しいワークショップ。津観音では抹茶を無料提供するほか、七福神巡りの案内コーナー、資料館の無料開放など。
尚、4日㈰までは「津・大門のおひなさん」を開催中。期間中、先着300名に本部にて「ひなあられ」を配布している。
問い合わせは大門大通り商店街振興組合☎059・223・0090へ。

早咲きの梅の花

早咲きの梅の花

津市戸木町の伊勢温泉ゴルフクラブ内にある福祉と環境が融合した花園『かざはやの里』で恒例の「梅まつり」が開催される。期間は25日まで。
同花園は、社会福祉法人『正寿会』=伊藤滋之理事長=が運営。ゴルフクラブの約半分に当たる広大な敷地にあじさいや藤と共に梅が45種500本が植えられている。正寿会が運営する障害者施設の利用者たちが手入れを行っており、園芸福祉の実践の場という側面も持っている。
寒さで開花が遅れており、梅の見所は今週以降とみられるが、週末には様々なイベントを開催。
▼3月3日㈯10時~15時、2017年度津クイーン撮影会。
▼3月4日㈰11時~12時と13時~14時、癒しの音楽の日、「郁音会」の箏生演奏。キッチンカー「ラッキーバーガー」松阪牛ハンバーガー販売。
▼3月11日㈰、藤堂高虎公を偲んで。10時~かざはやの里梅と花クイーン撮影会、11時~と13時〜「安田タクロウ弾き語り&中伊勢温泉郷クイズ」、12時〜と14時~「美里龍神太鼓ライブ」。
園内の「かざはや茶屋」の野田あられ、寒紅梅酒造、みたらし団子、からあげなどを販売。食事もできる。
開園時間は8時~16時。協賛金は一般300円。18歳未満や障害者手帳所持者は無料。
問い合わせは☎059・255・5755へ。

[ 1 / 5 ページ ]12345