JR名松線は全線復旧して26日で丸2年。元々赤字路線で活性化にはJR・行政・住民の連携による観光路線化が不可欠だが、道筋は未だ見えない。昨年度の一日あたりの乗客数は約180人と復旧直後の300人弱から減少し、全15駅中、12駅がある津市が昨年3月に開始した「おもてなし巡り」は、応募者がわずか6人ほどと不調。駅から周辺の名所・飲食店へのアクセスという課題の根本解決と、乗客目線の積極策が急がれる。(全2回シリーズ・第1回)

 

名松線は平成21年10月の台風で被災し、家城駅(白山町)~伊勢奥津駅(美杉町)間でバスによる代行輸送が行われていた。沿線の過疎化などの影響で元々利用者が少なく一時は同区間の鉄道輸送廃止が危ぶまれたが、住民らが熱心な署名活動を行ったこともあり、JR東海・三重県・津市が同23年に運行再開に向け3者協定を締結した。3者が復旧に計約16憶8100万円を投じ、28年3月26日全線復旧が実現。
復旧当日の記念行事で前葉泰幸津市長、JR東海の柘植康英社長も観光路線化に意欲を示した。
そして津市では、美杉総合支所長が都市計画部名松線推進担当参事を兼任し、同支所地域振興課が「名松線利活用関係事業」に取り組んでいる。28年度の事業予算の総額は約705万円、29年度は約607万円。
名松線は、伊勢奥津駅や町内のほかの駅から、周辺の名所や数少ない飲食店への公共交通アクセスが不便で、集客において大きな課題となっている。そのため津市は、伊勢奥津駅と北畠神社などを結ぶ無料臨時バスをイベント時や行楽シーズンに運行。また町内3ケ所にレンタサイクルを設置し、何れも同駅で下車する人の交通手段として一定の効果があるものの観光路線化の決め手にはなっていない。
また、昨年3月26日から、沿線の飲食店などに観光客をもてなしてもらう「名松線沿線おもてなし巡り」を開始。名松線で加盟店を巡りパンフレットを提示するとスタンプをもらえて、10個集めると記念グッズのプレゼントに応募できるが、現在までの応募者は約6人のみ。
各駅からの交通アクセスの都合上、一日で多数の店舗を周遊するのは難しいのが大きな原因と考えられ、見込みが甘かったと言わざるを得ない。
JR東海によると、同区間の一日の平均利用者数は、被災前は90人。復旧直後の一昨年4月11日~17日は300人弱まで増えたが、一昨年3月26日~昨年3月25日には約180人に減少。復旧後のブームは一段落した。
次回は、同線の課題や今後などについて、様々な人の意見を紹介する。