知人に吊るし雛をいただきました。ずうーと前に旅宿で吊るし雛を見かけた時に「わぁー、きれい。こんなのあったらいいなぁ、欲しいなぁ」と思っていました。思いは通じて「吊るし雛を作ったよ」と私にくださいました。
吊るし雛は江戸時代に庶民の間で作られ、代々子や孫の成長を祈って家の中に飾られた心温まるお祝いの品です。
日本には習わし、しきたりの言葉があります。習わしは古くからの習慣のこと。しきたりは「仕来たる」ことでずっとやってきた意味から生まれた言葉です。共に共通語で、長い歴史の中で育まれた言葉です。
吊るし雛は全体的に朱色が多く使われており、朱色は厄除けと衣食住に恵まれ成長を願っています。段飾りひな人形は江戸時代に一般家庭ではなかなか手に入らなかったので吊るし雛を考え出して、家族の者が一針一針に愛情を縫い込めて作っています。
現在は段飾り雛人形の横に吊るされて、子供の幸せを祈っています。吊るし雛の紅白の鶴は神の使いで元気に育つように。とうがらしは悪い虫がつかないように。巾着はお金に困らないように。花は可愛く育つように。猿っこは災いの病が去るように。赤いべべ着た鯛はおめでたい日が沢山訪れますように。ぞうりは健康で働き者になるお守りとの事です。その他にもいろいろと飾られており見ていても飽きません。
テレビのスイッチを押すと四季を感じる行事や習わしがコマーシャルやニュースとして放送されます。現在、私達は明治5年(1872)から太陽暦(新暦)に基づいて生活をしています。が、古く中国から伝わった(旧暦)行事、文化は日本人の風俗習慣、しきたりとして続いています。四季(春夏秋冬)の中に二十四節気(立春・夏至・秋分・冬至等)、七十二候(時候の様子を表したもの、例えば・啓蟄入梅・寒露等)があり、旧暦ならではの趣きがあります。
その他に一年の行事として一月は門松・花餅・七草粥、二月は追な(節分・豆まき)・はだか祭・初午、三月は桃の節句(ひな祭り)・春の彼岸・花見、四月は花祭り、五月は端午の節句・川開き・母の日、六月は・山王祭・父の日、七月は七夕・ねぶた祭り、八月は八朔・盆踊り、九月は重陽の節句・おくんち祭、十月はえびす講・紅葉狩り、十一月は顔見世・七五三・酉の市、十二月は歳の市・クリスマス・餅つきなど。他にも各地でいろいろな行事が行われています。これらの行事は五穀豊穣・先祖供養・家内安全・商売繁盛などの願いと祈りを込めてされています。
バレンタイン・恵方巻きは日本だけの風習です。女性から男性にチョコレートを贈り、愛の告白です。翌月のホワイトデーには男性から女性に返礼として贈り物をする習慣ができています。いただけないと少しガッカリしますね。立春の前日に豆まきと共に行われる恵方巻きは、その年の吉の方角を向いて七品の具が入った巻き寿司を食べて健康と幸せを祈るものです。また、その年の終わる頃の十二月二十五日にはキリストの生誕を祝うクリスマスがあります。
クリスマスは江戸時代ひそかに長崎の出島で行われていました。阿蘭陀冬至として祝っています。江戸後期の文人、狂歌師の蜀山人(大田南畝)が文久元年(1861)に幕府の役人として長崎奉行所に赴任。その時に祝宴に招待されており、その内容が記録とされて残っています。
日本はこのように中国をはじめ他国からいろんな文化を取り入れ、五穀(米・麦・粟・豆・稗)豊穣と安全、健康を祈ったのです。
しきたりっていいなぁ♪
日本人の生活の知恵から作り上げられ、今に繋がるこの伝統文化、風習を宝物として末永く守り続くことを祈っています。
吊るし雛の一つ一つに「ありがとう。来年もよろしくね。」と声かけをして 箱の中にそっとしまいました。
(全国歴史研究会会員、三重歴史研究会会員及びときめき高虎会会員)