2018年3月

ライト・イット・アップ・ブルー2018のチラシ

ライト・イット・アップ・ブルー2018のチラシ

「世界自閉症啓発デー」である4月2日に合わせて、今月29日㈭~4月2日㈪まで、津市で「ライト・イット・アップ・ブルー2018」が催される。主催=同実行委。
「ライト・イット・アップ・ブルー」は世界各地で行われている、自閉症啓発が目的のライトアップイベント。三重県では3年前から自閉症当事者やその家族、支援団体などが集い、この催しに参加している。内容は──◆1日16時~18時=センターパレスB1階市民オープンステージでトークセッション「みんなで話そうオーティズム(自閉症)の暮らしと未来」。参加費5百円◆1日15時~=イルミネーションを作って友達になろう!。集合場所はセンパレ2階中央公民館会議室。ボランティア募集中。ライトアップは津市まん中広場などで1日18時~2日21時◆29日~1日10時(初日のみ13時)~16時(最終日のみ14時)=津リージョン3階展示場で三重県自閉症協会作品展◆1日14時半~15時半=センパレB1階市民オープンステージで、ことばの発達遊び◆2日11時~15時=センパレB1階研修室でオーティズムまるわかり展。問合せはメールでliub.mie@gmail.com。

三重県文化会館が今年6月~12月に全8回、劇団「青年団」監修の「戯曲アカデミア」を同会館を会場に催す。
同団主催で演劇界をリードする平田オリザと、その教え子で岸田戯曲賞作家・松井周が、戯曲の構造を紐解き、上演作品として立ち上げるまでを徹底指導。座学が行われるほか、少人数制のグループで戯曲を上演するのに必要な〝伝える力〟を磨き、最後に自分達で書き上げた小作品を発表。
▼開催日時=①6月23日㈯②7月7日㈯③8月11日㈯④9月15日㈯⑤10月20日㈯⑥11月10日㈯⑦12月2日㈰⑧(発表)12月8日㈯。各回13時~17時▼受講料=一般2万円・30歳以下一万円▼定員=20名。※応募者多数の場合、書類選考あり▼対象=年齢不問。本気で劇作家を目指す方▼申し込み方法=同会館WEBからダウンロードできる申込用紙に必要事項を記入し、郵送(〒514─0061、津市一身田上津部田1234、三重県文化会館 戯曲アカデミア係)、FAX059・233・1106、またはメールで件名を「戯曲アカデミア申込」としてkenbun@center-mie.or.jpへ
締め切り5月22日㈫必着。※書類選考のうえ6月5日㈫迄に結果発送。
▼問い合わせは同会館☎059・233・1100へ。

やなせグループ洋画展の出品作品

やなせグループ洋画展の出品作品

三重県立美術館の県民ギャラリーで、今月28日㈬~4月1日㈰9時半~16時半(最終日は16時まで)、「第19回やなせグループ洋画展」が開かれる。
同グループ講師・柳瀬たか子さん(87・津市)は昭和26年から10年間、中学・高校の美術教師を務め、59年から洋画講師として活動している。同グループは市内で指導するやなぎグループ・グループゆうゆう・茜会で構成し、結成して今年で19年。   今回は38名が6号~100号の計70点を出品しこの一年間の成果を発表する。柳瀬さんは昨秋骨折し講師歴の中で初めて指導を休止。生徒はその間も熱心に制作し、柳瀬さんは「休む前、私が生徒達にあなたは何を表現したいの?と問い、皆それに応えて目標をしっかり掲げ描いてくれた」と喜んでいる。

[ 5 / 20 ページ ]« First...34567...1020...Last »