津市の偕楽公園には今年も多くの花見客が訪れることが予想されるが、近い将来それが楽しめなくなるかもしれない…。各地でサクラやウメなど、バラ科の樹木が外来生物「クビアカツヤカミキリ」による食害が発生しているからだ。現在、三重県内では未確認だが、隣の愛知県で全国で初めて見つかっており、強い繁殖力で徐々に生息域を広げていることから、油断できない状況。侵入に先んじた対策も必要だ。

 

「クビアカツヤカミキリ」

「クビアカツヤカミキリ」

「クビアカツヤカミキリ」は中国、モンゴル、朝鮮半島、台湾、ベトナムに自然分布しており、日本には輸入木材などに潜む形で流入したと考えられている。体長は25~40㍉。黒い体の胸部は赤く目立つのが特徴。
平成22年に愛知県のあま地域で発見されたことを皮切りに埼玉県、群馬県、東京都、大阪府、徳島県、栃木県での生息が確認されている。それに伴い、サクラの名所が被害にあったり、ウメやモモ、スモモの農業被害も発生している。メスの成虫は1個体で約1000個の卵を木に産みつけることもあるなど、強い繁殖力も問題となっている。現状を危惧した国は今年1月、生体の移動、飼育、販売等を禁じる特定外来生物に指定した。
三重県内では、まだ生息が確認されていないが隣接する愛知県内で確認されていることもあり、予断を許さない状況であるといえるが、まだ具体的な対策がなされていない状況だ。
木に侵入した幼虫は春から秋にかけて活動。木くずとフンが交じり合ったフラスを木の根元にまき散らすため、そのフラス自体やフラスを排出する穴、羽化した成虫が脱出した穴があることで被害が発生しているか確認できる。
一匹の幼虫が樹木を食べる範囲が広く、複数侵入した場合には枯死に至ることも。羽化した虫が周囲の樹木に飛び移り、繁殖を続け、何もしなければ周囲の木が全滅する可能性がある。
防除方法は、被害を確認した樹木への薬剤の樹幹注入や、被害木から羽化した成虫が飛び立たないようにネットを張るなどがある。しかし、これらの方法は確実ではなく、被害の発生した樹木と、その周囲の樹木を一気に伐倒することが、被害の拡大を防ぐには最善策となる。ただし、サクラは地域のシンボルや観光資源になっていることも多く、住民感情的にそれを容易に受け入られないことも予想される。
生息が確認されていない津市では、まだ何の対策も取られていない状況だが、市内にサクラやウメの名所を有するだけに侵入前に、市民への周知を行い、被害が発生した発見した場合に迅速な対応が取れるようにしておくことが重要といえる。市内では、カミキリムシが媒介するマツノザイセンチュウによる被害で御殿場海岸のマツが次々と枯死し、貴重な観光資源が失われたという事例もあり、そんな悲劇を繰り返してはならない。
愛知県内でも知立市は市内で被害が発生していないものの、生息を確認した場合、市民に情報提供を呼び掛けるといった対策を講じている。津市でも、被害に先んじ、サクラの木の近くに看板を立てて、市民への周知や発見情報の提供を呼び掛けるといった取り組みが求められている。