本紙では、津市在住で㈱ブレーメン再健本舗(津市東丸之内)の代表取締役である大西肇さんを講師に招き4月27日㈮18時~19時、津商工会館(津商工会議所1階)で経営セミナー「未知の人口減少・超高齢社会に立ち向かう経営」を開催します。参加無料。
2020年の東京オリンピックを境に、日本そして私たちのふるさと三重は戦後生まれの誰も経験したことのない人口減少・超高齢社会による社会・経済の「萎み」に直面します。
「国立社会保障・人口問題研究所」の推計によると2020年~2040年の僅か20年の間に、日本全体で大阪府と愛知県を合わせた人口1600万人が、三重県では四日市の人口30万人が、津では久居市と美杉町を合わせた人口5万人が消失し、消費(売上高)が現在の8掛けに縮む社会になります。
人口が増加した時代、横ばいや2008年から始まった微減の時代に通用した常識はもはや非常識となりました。そして、未知の人口減少社会においては強い会社に需要(売上高)が集中する「寡占化」が進み、3割以上の会社は存続することさえ危ぶまれます。
本紙では、このような「すでに決まった未来」という現実に果敢に立ち向かい、共に働く従業員の方々の生活を守り、ふるさとの活力を生みだそうと懸命な努力を重ねられている「起業家」の皆さんに向けて6月より津商工会議所及び津市商業団体連合会の後援を頂き、6カ月間の「今はまだ小さな会社の『進化の塾』」という経営者セミナーを開講いたします。
津市在住で元ジャスコ津丸之内店店長として商店街のコミュニティマート構想を推進、その後イオンの子会社を上場に導き、グループに関わりのない製造業・通販業・卸売業等様々な企業を活性化してきた大西さんと参加者が「今はまだ小さな会社」が生き残り、進化するための「てがかりと実践」を共に学び、実践します。
そこで、そのセミナーの開講に先立ち、概要のご紹介を兼ねて、今回、
経営者セミナー(聴講無料)のご参加者を募集します。定員50名。応募多数の場合は抽選。
参加希望される方は、電話・葉書またはFAX、メールで、〒・住所・氏名(フリガナ)・年齢・所属企業名・連絡先(☎またはメール)をご連絡下さい。締め切りは4月20日㈮17時半まで。抽選の場合、結果は当選された方にのみ23日までに連絡します。
申し込みは〒514─0028、津市東丸之内26─12 МECビル3階三重ふるさと新聞「セミナー係」。☎津222・3330。FAX222・3331。メールはfurusato@ztv.ne.jp件名は「セミナー係」まで。

 

瓢箪を使った置物や、レース編みの洋服などの作品展

瓢箪を使った置物や、レース編みの洋服などの作品展

津市安東町にある古民家コミュニティー「ゆずり葉」で29日㈰まで、地元・跡部地区の住民による第9回目の手作り作品展が開催中。 小中学生から大人までの10名が、イラストや書道、押し絵、レース編みの洋服などを展示し、一部は販売されている。 そのうち、様々な大きさや形の瓢箪を加工したランプや置物など約15点を出品しているのは三重愛瓢会の冨増稔さん。自ら栽培した瓢箪で、多彩な作品を作り毎年出品している。 なお、ゆずり葉は今月、オープン8周年を迎え、運営している西村淑子さんは「年間約5千人が出入りしてくれています。毎日が感謝・感動の連続で、それが幸せです」と話している。 明後日14日㈯に8周年行事を開催。内容は── ▼10時~16時=約30名の作家が心を込めてつくった作品のバザー。着物地の洋服や帽子、パッチワークの鞄、大島布のブローチ、皮のブローチ、紙ひもの鞄、四季彩画の小物入れ、トールペイント作品、布の子ども用品、ゆずり葉クッキー、シフォンケーキ、苺ジャムや菓子など。 ▼13時~=茶会。 ▼14時~=読み聞かせ、詩吟・詩舞など。 問い合わせは☎津227・3523へ。開館10時~17時。月・金休館。

mamedenkyu 中部電力㈱三重支店=津市丸之内=の従業員有志でつくり、ボランティア活動を行っている「豆電球クラブ」=代表者・古田真二支店長=が、「(公財)三重ボランティア基金」に浄財10万6000円を寄付した。
同クラブは平成3年に発足。寄付や清掃活動、イベント時の交通整理で地域に貢献している。同基金への寄付は、東日本大震災を機に、災害ボランティアの支援をしたいとの思いで平成23年度から毎年実施しており、今回で7回目。累計の寄付額は55万円。
今回の浄財は、昨年4月から同社の県内13ケ所の事業所に募金箱を設置し、集められたもの。
3月27日に、同クラブ三重事務局長の戎屋哲司さん(同支店総務部総務グループ課長)が津市桜橋の同基金を訪れ、松本利治副理事長に目録を贈呈。「災害時のボランティア活動に使って頂きたい」とした。
また、松本副理事長は「毎年頂いて感謝している。このお金を、三重県のボランティア活動のさらなる充実に生かさせて頂きたい」と話した。

[ 2 / 3 ページ ]123