第七劇場の舞台「赤ずきん」のイメージ

第七劇場の舞台「赤ずきん」のイメージ

津市美里町三郷の民間劇場「テアトル ドゥ ベルヴィル」で、7月まで「2018春シーズンプログラム」を実施中。
里山地域の文化拠点として、演劇などの舞台芸術のほか、読み聞かせなど幅広い劇場体験ができるプログラムを通じ、美里地域、津市の文化振興に寄与する。
▼同劇場のレジデントカンパニー・第七劇場の「赤ずきん」=5月4日16時半~、5日・6日14時半~。約45分。有名な童話を原作に、同劇団が舞台化。
▼松原豊「幻灯会2018 春 熊野」=5月12日20時~。約45分。写真家・松原豊の写真と、シンガーソングライター・FOUR LEAF SOUND/村林友子、音楽家・宮嶋哉行の生演奏とのコラボレーション。
▼伊藤キム・ソロダンス公演「病める舞姫の私」=6月2日16時半~、3日14時半~。約50分。  ▼伊藤キム・ワークショップ=6月2日17時45分頃~、3日15時45分頃~。90分程度を予定。一般二千円、作品観賞とのセット券三千五百円(何れも茶・菓子代含む)、見学五百円(茶・菓子代)。
▼美里情報活用塾・SNS時代の写真の楽しみ方=5月20日13時半~15時半。料金千円。予約不要。講師は稲垣博文さん。
▼このほかハルゲキ!(短編作品の上演)なども行われる。
◎赤ずきん・幻灯会・病める舞姫の私=開演1時間前から受付、30分前開場。料金は一般二千円、美里割千円(美里在住、在学、在勤者対象。当日、証明できる物の提示が必要)、25歳以下五百円、18歳以下無料。全席自由。予約・問い合わせは☎070・1613・7711(平日10時~18時)、又はメールbelleville@dainanagekijo.org