間野取締役(左)から井村会長へ寄託金を贈呈

間野取締役(左)から井村会長へ寄託金を贈呈

三重テレビ放送㈱「三重テレビ社会事業委員会」=長江正委員長(同社代表取締役社長)=が、「社会福祉法人三重県社会福祉協議会」=井村正勝会長=に、平成29年度に県民から寄せられた地域福祉推進のための浄財20万円を寄託した。
同委員会は昭和63年に設立され、三重県の社会福祉の向上・発展の一助となるため、視聴者などからの浄財をもとに、福祉施設や、災害の被災者への支援を行っている。
今年度の浄財は、三重県社交飲食業生活衛生同業組合からの15万1千円に、同社の寄託金と前年度繰越金を加えたもの。 22日に同社の間野丈夫取締役が津市桜橋の同協議会を訪れ、井村会長に浄財を寄託し「県内の放送局として今後も(寄託金を贈る)活動を続けていきたい」と話した。井村会長は謝辞を述べ「使い方をじっくり検討させて頂きます」と話した。