県職員退職者の団体、一般財団法人三重県友の会一志支部(服部卓郎支部長)は、18日14時から津市久居東鷹跡町の久居総合福祉会館南館3階レクリエーションホールで地域貢献活動の一環として絆づくり講演会「地域の歴史を知ろう」を開催する。参加無料、一般聴講大歓迎。
今回の講師は昨年に続き本紙会長で津城復元の会並びに津観光ガイドネット会長の西田久光。演題は「富士山宝永大爆発と津藩」。
富士山は活火山だが、平安時代の永保3年(1083)から約620年間静穏だった。徳川5代将軍綱吉時代の宝永4年(1707)10月、東海・南海・西海道で大地震・大津波が発生し、その約2か月後に海抜2700m付近で大爆発。溶岩は流出しなかったものの吹き飛ばされた岩や火山灰は推定10億㎥。甚大な被害をもたらし、更に2次被害として麓の酒匂川流域で大雨時の河川氾濫が予見され、実際その後に洪水が頻発した。
被災地の大半は小田原藩領で、同藩は復旧工事は一藩の力では不可能として被災地を幕府に返上し、幕府は翌年1月から3次にわたり10藩に河川改修命令を出した。
津藩は第2次出動組。その優れた施工ぶりは後に建立された記念碑に刻まれるなど被災地の人々の記憶に永く残った。講演では「神速」と被災地民に讃えられた津藩の災害対策工事の概要を紹介する。
問い合わせは田端さん☎293・1782、又は人見さん☎090・7608・6036へ。

marunouchi 4月21日、丸之内商店街アーケードの放送機能を使ったラジオ番組のテスト放送が行われた。
若者など新たな客を呼び込むためのPRの手段として企画。三重大学の学生で茨城県出身の田家卓さん(22)と津市出身の会社員の吉沼達也さん(22)が同組合の事務所から生放送を行った。
この日は、一帯で高虎楽座が行われており、普段よりも人通りが多く試験放送にはうってつけ。ネットラジオの経験がある田家さんが軽妙な語り口を披露すると吉沼さんもウィットに富んだ返しで番組を盛り上げた。
今後の放送予定は未定だが、商店街の空き店 舗を活用した生放送やネット配信などで三重大学の学生も視聴し易い環づくりも模索していく。
田家さんは「各店のこだわりを伝えるファンづくりをしていきたい」、吉沼さんは「子供の頃の思い出がある商店街を好きになってもらいたい」と意気込みを語る。

平昌五輪でスノボ日本代表のトレーナーを務めた樋口さん

平昌五輪でスノボ日本代表のトレーナーを務めた樋口さん

名古屋市生まれで津市美杉町で育った樋口守さん(41歳)は、スノーボード(ハーフパイプ)の元プロ選手で、現在は接骨院を経営している。2月の平昌五輪でスノーボード日本代表のトレーナーを務め、選手として果たせなかった「五輪に行く」という念願を叶えた。
樋口さんは家業が「美杉鈑金」(美杉町)で、松阪工業高校自動車科に入学し修学旅行で初めてスキーを体験。その後、岐阜県の高山自動車短期大学に進学し、趣味としてスキーをする費用を賄うため、スポーツ用品店でバイトを始めたが、その店がスノボ用品を扱っていたのがきっかけでスキーではなくスノボに熱中した。
卒業後は三菱自動車に就職したが、スノボ選手を目指すため約1年で退職。自身にとっては、大きな決断ではなく自然なことだったという。
練習拠点を北海道旭川市に置き、21歳頃からハーフパイプの大会に出場し始める。当時、上手い人が滑っているビデオなどで観ると簡単そうに見える技も、自分が挑戦すると難しく全くできなかった。しかし樋口さんは悲観するどころか「面白い」と感じ、練習を重ねて技術を磨いていった。
その努力が実り2006年のトリノ五輪の強化指定選手になったが、最終予選で落選し、それを機に29歳で現役を引退。
引退後、会社勤めを経て、トレーナーとして五輪に行きたい、自分で事業をしたいと専門学校で学び柔道整復師の資格を取得した。2014年から全日本スキー連盟ナショナルチームでスノーボードのトレーナーを務めている。
平昌五輪では、トレーナーとして参加できて嬉しかった一方で、スノボは大規模な国際大会が毎年開かれていることもあり、「選手にとって五輪は、最終目的ではなく通過点」とも感じたそう。
また樋口さんがこの五輪で最も印象深いのが、大怪我を乗り越え出場した平野歩夢選手(ハーフパイプ)の銀メダルで、「歩夢と話していると、『すごい』と感じます。人が、ある事をやろうと行動するとき、嫌なことや辛いことが絶対ある。例えばダイエットをしようと思い、じゃあ走ろうと思うが、走るのは辛いじゃないですか。そういうことを『辛いけど、楽しくないけど、自分が決めたことだからやる』という感じの子です」。
3月には津市一身田平野に「むすび接骨院」をオープン。運動を取り入れた施術を行っている。
また三重県では今年7・8月に高校総体、2021年に国体が開催されるためスポーツの活性化が期待されていて、樋口さんは地元のアスリートに向け「夢を持ってほしい」と話している。

[ 2 / 7 ページ ]12345...Last »