8月11日(土・祝)①13時~②15時半~(開場は各回開演の30分前)、三重県文化会館中ホールで、見て・触れて・学べる体験型ショー「恐竜どうぶつ園 ティラノサウルス×トリケラトプスの戦い?!」が上演される。主催=読売新聞社、BSフジ、サンライズプロモーション東京。
恐竜どうぶつ園は、世界各地で上演されている、家族皆で楽しめる恐竜ショー。大昔にタイムスリップしたような空間で、恐竜たちを見たり、客席やロビーで触れたりして、楽しく学べる。
チケットは税込3千円(全席指定)。3歳以上有料、2歳以下は膝上鑑賞無料。但し座席が必要な場合は有料。日本語上演、上演時間60分。
予約・問い合わせはサンライズプロモーション東京☎0570・00・3337(全日10時~18時)。チケットは三重県文化会館チケットカウンター☎津233・1122、エムズネットWebチケットサービス、チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)でも発売中。

(公社)津法人会=伊藤歳恭会長=は、5月25日㈮15時~16時半(受付開始14時45分)、津都ホテル5階で「第6回通常総会記念講演会」を開くにあたり、一般の参加者を募集している。
講師は国立大学法人電気通信大学大学院教授で、人工知能学者、認知科学者、感性工学者、感性コミュニケーション・オノマトペ研究者の坂本真樹さん。演題は「『人工知能の可能性』~自動運転車からロボットの感情まで~」。
坂本さんは98年・東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了。
98年・同専攻助手、00年・電気通信大学電気通信学部講師、准教授を経て、同大大学院情報理工学研究科教授。2016年より同大人工知能先端研究センター教授を兼務。
2014年度人工知能学会論文賞など受賞多数。以上、東京外語大学卒業から東大大学院を経て理工系に転じた珍しい経歴を持ち、企業との共同研究、数々の国内学会や国際学会での研究発表や講演を行っている。
著書に「坂本真樹先生が教える人工知能がほぼほぼわかる本」(オーム社)「坂本真樹と考える どうする? 人工知能時代の就職活動」(エクシア出版)などがある。
参加希望者は、申し込み1名につき往復はがき1枚に、〒・住所・氏名・電話番号を明記して、〒514─0006、津市広明町121、(公社)津法人会「5月25日記念講演会」係へ。定員200名になり次第締め切り。
問い合わせは同法人会☎059・225・1302へ。

(公社)津歯科医師会は6月10日㈰10時~14時、津リージョンプラザ保健センターで無料「口腔がん検診」を実施する。事前申込制。
日本人の2人に1人ががんを患い、3人に1人(約30%)ががんで死亡している。
口腔咽頭がんは全てのがんの1・8~2%、1万人に1人。罹患数と死亡率は年々増加傾向にある。
口腔がんは「食べる」「味わう」「話す」「呼吸する」などの機能障害や顔貌への影響で生活の質を著しく低下させ、時には命を脅かす。
ほとんどは直接目視、触知できる場所にあり、レントゲンや内視鏡などを必要とせず、問診・視診・触診で早期発見できる。
初期の口腔がんは口内炎と似ており、専門家である歯科医師による診断が有効とされる。
チェック項目として…口の中の粘膜にただれや赤い部分がある・口の中に白い部分がある・口内炎や粘膜の傷、抜歯後の傷が治らない・口の中や首にしこりや腫れがある・顎や舌が動かしずらい・食べ物が飲み込みにくかったり、話しにくい・歯のぐらつきがあったり歯が浮いている…など。
当日は問診、視診、触診で診査し、精密検査は二次医療機関に紹介する。
申し込みは、(公社)津歯科医師会ホームページからEメール、FAX059・223・3936または、葉書に〒・住所・氏名・電話・検診希望時間帯を明記して郵送(〒514─0004、津市栄町2丁目365、津歯科医師会)。
折り返しメールか郵送で受付票、問診票が送られてくる。
申し込み期限は5月28日㈪。
問い合わせは、同歯科医師会☎059・225・1304(土日祝を除く10時~正午)。

[ 6 / 7 ページ ]« First...34567