ゴールデンウィークは日本の映画興行界が産んだ和製英語だったが、今にちでは4月末から5月初旬にかけての大型連休の事を指す。三重県は5月9日、今年のゴールデンウィーク(4月28日~5月9日の9日間)の、21の県内主要観光施設や場所の観光入込客数を公表した。
調査協力施設は、ナガシマリゾート、御在所ロープウェイ、鈴鹿サーキット、御殿場海岸、ベルファーム、五桂池ふるさと村、フォレストピア、伊勢神宮、おかげ横丁、安土桃山城下街、鳥羽水族館、ミキモト真珠島、志摩スペイン村、伊賀上野城、モクモク手づくりファーム、伊賀流忍者博物館、赤目四十八滝、熊野古道センター、道の駅「紀伊長島マンボウ」、道の駅「熊野・花の窟」、鬼ヶ城センターで、入り込み総数は延べで21万08418人、1日あたりでは23万4269人、対前年比は98・8%との事である。5月11日の毎日新聞によると、県観光政策課は「昨年は大型連休中に伊勢市で全国菓子大博覧会があり、相乗効果があった。今年は大イベントがない中で、各施設が工夫して体験型イベントなどに取り組んだことで家族連れが増え、前年と比べ微減にとどまった」と話している。
とはいえ、これは延べ数であって実数ではない。観光客とレジャー客との線引も曖昧だ。たとえば、前年よりも10・2%減ったとされる「伊勢神宮」38万7725人の数字は、「内宮」25万3317人と「外宮」13万4408人との重複カウントであり、先の総延べ人数には、更に「おかげ横丁」の人数も加えてあるのだ。
もし貴方が外宮と内宮を参拝し、おかげ横丁にも立ち寄れば、貴方は1人ではなく3人なのである(ちなみに、GPSデータを活用して重複を排した2014年の年間両宮来訪率は48・8%だった)。
そもそも、このようなレジャー客と観光客とを一緒くたにした前世紀のデータベースでは、観光客の入り込み実態に基づいた観光経済を知るには程遠い。観光客数がよく分かる宿泊施設での調査もない。5月15日の中日新聞によると、鳥羽市の宿泊施設はおよそ5万6000人にとどまり、前年よりも4・9%減少した。全国菓子博があった2017年には5万9200人が、沢山のお巡りさんが滞在した2016年には7万5487人の宿泊があった。実態が把握できなければ対策も立たないのだ。
到着と収入を重視する国連世界観光機関の定義によると、観光客=ツーリストは24時間以上滞在するが、レジャー客=ビジターは24時間以内しか滞在しない。三重県の場合は、圧倒的に後者の方が多いようだが、観光客とレジャー客では経済波及効果に10倍以上の開きがある。ディスティネーション・キャンペーンが必要だ。
ちなみに、観光庁の宿泊旅行統計調査(速報)では、2017年の三重県の宿泊稼働率は51・1%。伸び率は(岩手県に次いで)下から2番目のマイナス2・9%。延べ人数は819万0290人で47都道府県中20位だ。そのうちインバウンドは27万7800人で31位だった。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)