劇団津演2018年公演「分からない国」の練習の一場面

劇団津演2018年公演「分からない国」の練習の一場面

津市を拠点に活動する社会人演劇集団・劇団津演=若林一博代表=の津市民部文化祭参加・2018年公演『分からない国』=作・原田宗典、演出・マスダ春花=が7月7日㈯18時半~、8日㈰14時~(開場は各30分前)、津リージョンプラザお城ホールで上演される。
この作品は、認知症で、出征の記憶を持つ父親と、介護する家族、共に出征し心に闇を抱えつつ生きる元上官などが織りなす、深く、温かいヒューマンドラマ。
マスダさんは同劇団の団員で通常は演者だが、今回12年ぶりに演出を手掛ける。原作は1992年に書かれ、舞台は90年の日本だが、作中の認知症・遺産相続・上官の圧力などの事柄は「今に通じるものがある」と感じるそう。自身も一過性の認知症を患った母親を介護した経験があり、それを思い出しながら演出している。
「観に来てくれる方の中には家族の介護をしている方も多くあまりリアルを追求すると失礼になると思うので、芝居なので『嘘』であることに甘んじて私なりに津演流の家族を演出し、感動して下されば」とマスダさん。
チケットは、前売り大人1500円(当日1800円)、学生1000円(同1200円)、小学生600円(同800円)。
津演劇鑑賞会☎津228・9523、三重額椽☎津225・6588、県文チケットカウンター☎津233・1122で取り扱うほか7月5日までメールでも受け付ける。氏名・枚数・日時・種類を記載しg-tsuen@hotmail.comへ送信。
問合せは劇団津演☎津226・1089(月・水・土曜の20時以降)。