講師の森川将行院長

講師の森川将行院長

津市一身田大古曽の三重県人権センター多目的ホールで7月7日㈯9時半~11時20分(受付9時~)、平成30年度こころの県民公開講座「身近なうつ病を理解しよう」が催される。参加費無料。 主催は県立こころの医療センター。講師は同センターの森川将行院長。
主催者は「近年ストレス社会と言われている我が国において、こころの病気は増加傾向で、中でもうつ病の増加が目立っています。世界的にみても、うつ病は2020年には私達の健康を脅かす疾病の第2位になると予測されており、その対策は重要な健康課題として注目されています。うつ病は私達が日々感じるストレスや気分の落ち込みとの関連が大きく、誰もが罹患する可能性があります。そして周囲の気づきと支えが深まることで予防や回復が期待できる疾患です。ぜひこの機会に私達の身近にあるうつ病を理解し、こころの病気の予防やこころの健康づくりについて考えてみませんか」としている。
申し込みは☎津235・2125、または所定の参加申込票に記入のうえFAX津253・8031へ送信。定員250名。申し込み締め切りは7月5日㈭。