津市教育委員会は外国につながる(=外国籍・重国籍)子供達のための初期日本語教室「きずな教室」・「移動きずな」を津センパレ・市内の小中学校で平成24年・25年に開設し、180名以上が卒室した。基本的に1対1で行う指導を通じ、日本社会での居場所づくりも支援。ニーズが高まる中、今年度から副教室長が配置され、運営が一層円滑になった。一方、指導するボランティアの確保が課題となっている。

 

きずな教室で1対1で行われるきめ細やかな指導

きずな教室で1対1で行われるきめ細やかな指導

「きずな教室」は24年スタートし、現在、津センターパレスで平日の午前中に1日2限の授業を行い、市職員とボランティアが日本語で指導している。ボランティアが増えたため、25年から対象の子が通う市内の小中学校で「移動きずな」も開設できるようになった。
指導者達は根気強く、子供達を大切に思いながら接するため、来日直後に入室し当初は日本人を怖がっていた子も笑顔で話すようになる。この様にきずなは日本での就学や、社会になじむことも手厚く支援。県外からも注目される取組となり、外務省領事局外国人課なども視察に訪れている。
一方、津市内在住の外国人は、5月1日現在で8233人。年間の増加数はこれまで多いときで200人だったが、29年度は600人と急増。技能実習制度の拡充などで今後も増加する見込み。
また市立の小中学校・義務教育学校に通う外国人児童・生徒のうち日本語指導が必要な人数は647人で、昨年度の同時期より45人も増加。
きずなのニーズも高まる中、市は今年度、教室長の補助などを行う副教室長を新たに配置し、運営が一層円滑になった。就任したのは元日本語教師で、きずな教室開設当初からボランティアを務めていた岸千絵さん。
一方、ボランティアは今年度、73人が登録しているが、先月実際に活動したのは約30人。他にきずなで指導を行うのは教室長・副教室長、巡回担当員8名。先月29日時点の利用者は国籍はフィリピンやブラジルが多く、きずな8人、移動きずな23人で計31人。市街地以外の学校での移動きずなは、近隣に住むボランティアがいないケースも多く、1対1のきめ細かい指導を将来に亘り継続するために、ボランティアの確保が課題だ。
何れもボランティアの川端康平さん(三重大4年)は「塾講師・家庭教師の経験があり、困っている人を助けたいと思いました」、丸井典子さんは「自分も海外に住んでいたとき子供に言葉で苦労をさせたので」と活動を始めた動機を話す。
2人の様に熱意あるボランティア達が、目立たない所で市の外国人児童・生徒への教育の根幹を支えている。市からの謝礼は1回千円。増員のためには、功績のPRと、待遇向上も重要だろう。 ボランティアは随時募集中。問合わせは市教育委員会事務局人権教育課☎津229・3253。

 浅生さん(左)に教わり、ヘラで、イラクサ科の植物「からむし」の繊維を引き出す作業に挑戦する児童

浅生さん(左)に教わり、ヘラで、イラクサ科の植物「からむし」の繊維を引き出す作業に挑戦する児童

6月26日、津市安濃町内多の安濃公民館で、安濃小学校5・6年生計59人を対象に、安土桃山時代~明治時代の約300年間、同町を中心に津市で作られ、全国で知られた夏物衣料「津綟子」の学習会が開かれた。
公民館事業の一環で、講師は三重郷土会常任理事の浅生悦生さん。
津綟子は麻などを使い「もじり織り」という特別な織り方で作られ、通気性に優れている。最上級品は江戸時代、津藩の「お国名物」として、将軍などに献上された。
浅生さんは、津綟子を作るにはかなりの時間や労力が必要だったことなどを説明。また子供達が材料の植物「からむし」から繊維を引き出し糸状にする作業に挑戦した。
紀平柏峻くん(11)は「(津藩祖で)有名な高虎が津綟子を持っとったことも知らんだし、殿様が着ていた服がまさか津綟子とは知らず、良い勉強になった」と話した。

Fes31_映画たんたらホイ写真_ふるさと新聞様-01  NPO法人たんたらホイ会が主催する「たんたらホイ!フェスVol31」が7月14日㈯・15日㈰、アスト津4階で開かれる。後援=三重県・津市・松阪市・伊勢市・県教委・各市教委(津、松阪、伊勢)ほか報道各社。
同会は、平和・文化・芸術の振興に寄与する事をテーマに、様々な世代の参加者が自分自身の才能に気づき、夢の達成に向け前向きに挑戦する支援を行い、経済的効果を生む達成感を味わってもらうことで、精神的にも経済的にも自立できる人々を増やすことを目的として活動。
主にダンスなどのパフォーマンスやスピーチなどを披露する「たんたらホイ!フェス」を活動の軸に、2011年の第1回から現在までに30回の開催を数える。
また、会員らが出演する映画「たんたらホイ!」はシリーズ6作を上映している。同フェスは、文化庁からの承認を受けて「市民から文化力プロジェクト」にも参加しており、この活動に賛同し、三重県や津市、松阪市、伊勢市などの自治体や各教育委員会、マスメディアなどから多くの後援を得ている。
今回の内容は次の通り
14日・アスト津4階会議室1にて(入場料は一般5000円、学生1000円)。
▼第1部・13時半~16時(開場13時)、たんたらホイ!フェス総合プロデューサー加藤雄詞氏による講演会。テーマは「魅力的なあなたづくり…」。 ▼第2部・16時~17時、パネルディスカッションテーマは「あなたが今ワクワクしている事は…」。 15日・アストホールにて(入場料は一般2000円、学生1000円)。
▼第3部・10時半~12時半、右脳活性化コーナー「見えないものを科学してみよう!」。
▼第4部・13時半~16時(開場13時)、映画・たんたらホイ!Vol7「それぞれの愛」上映会。
▼第5部・16時~17時、たんたらホイ!フェスVol30受賞者によるエキシビション。
15日のチケット購入はチケットぴあ(Pコード558586)、松菱1階インフォメーションカウンター、たんたらホイ会、㈲プレアで取り扱い。
問い合わせは事務局の宮田さん☎059・226・0005、携帯090・1980・9981へ。

[ 1 / 6 ページ ]12345...Last »