日本で唯一の「げいのう」という名にちなみ、東京の劇団の公演誘致や演劇ワークショップなどを行ってきた「芸濃町を芸濃い町にする会 」は、芸能文化による地域振興を目的とした市民劇団「芸濃い劇団」を設立する。劇場法の施行以来、公共ホールは実演芸術の振興などの役割を求められるようになったが、活動拠点となる「津市芸濃総合文化センター」は、その先進例としても期待される。

 

芸濃町民らによる導入劇シアターRAKU「十二夜」

芸濃町民らによる導入劇シアターRAKU「十二夜」

「芸濃町を芸濃い町にする会」は、芸濃町椋本出身で東京で活躍してきた文筆家で現会長の伊藤裕作さん(68)が、地元の仲間たちと共に平成27年に設立。伊藤さんは東京と地元を行き来する生活を続けながら、日本で唯一の「げいのう」の名前を生かした地域づくりをめざし、自身のネットワークを生かし、俳優で日本演出者協会会長の流山児祥さん率いる劇団「流山児☆事務所」や、自分たちで建てた芝居小屋で大量の水を使った演出を行う「水族館劇場」などの公演を誘致。
そのような流れの中、「芸濃町を芸能文化に理解の深い、関心の高い町にすることを目的とする」と同会規約の実現に向け設立されることになったのが「芸濃い劇団」。
設立に至った直接のきっかけは今年4月、津市芸濃総合文化センターで行われた流山児さんが率いる「シアターRAKU」による舞台「十二夜」。この舞台の導入劇に出演するために、芸濃町内の在住・在勤者ら16名が流山児さんが指導する演劇ワークショップに参加。演じる楽しさを知ると同時に、堂々たる演技で観客を沸かせた。
これに手ごたえを感じた伊藤さんと、同会事務局長で同センター館長の稲垣巧さん(63)は、芸の文化による地域おこしを目的とした劇団設立を決意。二人とも、演劇は全くの未経験ながら、俳優として水族館劇場の公演に出演。稲垣さんは演劇ワークショップにも参加。自身も演じる楽しさに魅了されただけでなく参加した小学生が演劇を通じて大きく成長していく姿を間近に見て感動。「子供たちが様々な役を演じる中で、色々な立場の人の考え方を想像できるようになり、視野を広げられる」と教育面からも意義を見出した。
更に6年前に施行された「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」(劇場法)では、文化会館などの劇場は実演芸術の振興を図り、活力ある地域社会の実現に貢献に寄与することが求められていることから、同文化センターは劇団の活動拠点としてバックアップ。市民ホールを練習・発表の場や他団体との共演の場として活用していく。
現在、団員を募集中、人数が集まり次第練習を開始。指導は同会の芸術参与に就任した流山児さんと、その劇団メンバー、伊藤さん、稲垣さんらが行う。当面の目標として、芸濃町の伝説を盛り込んだ水族館劇場の「この丗のような夢」を演じ易くアレンジして今年の年末にお披露目公演を行うほか、年2、3回ペースで公演を行う予定。
同会の結成から3年。質の高い演劇作品を鑑賞できる機会をつくってきたが、今度はそれに影響された地元の人たちが町ぐるみで演劇作品をつくりあげ、町おこしにつなげるという新たな段階へと移行。伊藤さんは「劇団が育っていけば、三重県はもちろん東京や海外にまで飛び出し、芸濃や津市の町おこしができる」と瞳を輝かせる。住民主体の文化を軸にした地域振興と、それを支える地域劇場としての同センター。市内でも劇場法の趣旨を体現する先進的な取り組みであるだけに展望が期待される。団員の募集対象は、芸濃町内在住・在勤者及び、同会の規約に同意できる小学生から高齢者までで、演劇経験不問。家族での参加も歓迎。参加費無料(傷害保険400円のみ)。練習日は月1~2回程度で団員で相談して決定。
詳細は同会事務局(芸濃文化センター内)☎津265・6000。