前回のマルシェのお化け屋敷

前回のマルシェのお化け屋敷

今年出店する「カフェ百時」のチーズケーキ

今年出店する「カフェ百時」のチーズケーキ

津市美里町北長野の旧長野小学校で18日㈯・19日㈰10時~15時、各日約100店が出店する『第2回みさとの学校マルシェ』が開かれる。雨天決行。主催は「長野地域まちおこし協議会」=通称・みさっと長野、行岡明弘会長。
※両日とも旧長野小の駐車場は利用不可。駐車場は約4㎞離れた美里総合支所(美里町三郷)で、無料シャトルバスで旧長野小に移動となる。ただし高齢者や障害者を乗せた車は、同支所でスタッフに声をかけると旧長野小の駐車場を利用できるパスを渡される。
※入場の際、運営協力金(一人100円程度)を募る。交通整理や警備費用に充てられる。
昨年4月、県内初の小中一貫校「みさとの丘学園」が誕生し、それに伴い美里町内の小学校3校が閉校となった。そのうちの一校、旧長野小の施設を利活用し、地域活性化の拠点としていこうと住民らにより設立されたのが、同協議会。
そしてこのマルシェは同小の旧校舎を、集客・商品の販売・雇用創出ができる場所として成長させていくため、昨年初開催。昨年は予想をはるかに上回る5000人以上が来場し、盛況だった。一方、会場周辺の道路が来場する人の車で大渋滞したため、今年は同支所を駐車場とした。
今年の内容は──▼美里に劇場をもつ劇団「第七劇場」が提供する「本気のお化け屋敷」▼アーチェリーのサバゲー「アーチェリータグ」の体験▼美里の竹を使った流しそうめんなどの「美里ブース」▼夏休みの宿題おまかせ!体験ブース。表札、カホン(打楽器)、ヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品)などがつくれる▼飲食店、キッチンカー、雑貨屋の出店、など。
このイベントをプロデュースする「NPO法人サルシカ」=同町平木=の奥田裕久代表は、津市から同協議会へ年間50万円の負担金が交付されるのが来年度までとし、「今回のマルシェで、旧校舎の利活用を3年目・4年目以降どうやって続けていくか、足がかりにしたい」と話している。
なお運営ボランティアを17日まで募集中。
問い合わせはメールinfo-mail@salsica.com、または☎059・279・2322へ。