前回のフォトコンテストの入賞作品

前回のフォトコンテストの入賞作品

三重県が、第5回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」への応募を受け付けている。
三重県は「希望がかなうみえ 子どもスマイルプラン」の重点的な取組みの一つである「男性の育児参画」を推進するために、平成26年度から「みえの育児男子プロジェクト」を進めている。「子育てには男性の育児参画が大切」という考え方が職場や地域社会の中で広まるよう、家族での話し合いや理解のもと、その人なりの方法で、子供の生き抜く力を育てることを大切に考え、男性が積極的に育児に参画することを応援するのが目的。
「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」は、同プロジェクトの一環で、家庭や地域でステキな子育てをしている男性(=育児男子)や、部下の仕事と育児の両立をしっかり応援してくれる職場の上司(=イクボス)のエピソードや実践事例を募集するもので、自薦、他薦は問わない。
▼みんなの子育てエピソード部門=短時間でできる家事・育児、仕事と家庭の両立の工夫など男性の育児にまつわるエピソードを募集。ちょっとしたエピソードでも大歓迎。
▼わが社のイクボス部門=職場で部下の仕事と家庭の両立を応援してくれる経営者・上司・先輩など男女を問わず募集。
みえの育児男子フォトコンテストも同時募集
=推薦された男性と子どものお気に入りの写真を、撮影時のエピソードを添えて送付。
表彰式及び事例集にて「みえの育児男子ベストショット賞」として紹介する。
▼参加資格=三重県内に在住または通勤・通学をしている人(男性・女性不問)
▼応募方法=応募フォーム、または応募用紙に必要事項を記入のうえ、FAXもしくは郵送で少子化対策課まで送付。FAX059・224・2270。
郵送先=〒514─8570、三重県少子化対策課あて(住所記載不要)。
▼応募締切=8月31日㈮必着。
▼審査・表彰=子育て中の母親等で構成する審査員から「ステキな育児(取組)をしている!」として、より多くの共感を得られた人を、第5回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」大賞及び部門賞として表彰。
大賞受賞者には、協賛企業より家族で楽しめる宿泊券をプレゼント(伊賀の里モクモク手づくりファーム・NEMU RESORT・里創人熊野倶楽部)。
問い合わせは県少子化対策課☎059・224・2404。FAX059・224・2270。

代表者らによるテープカットの様子

代表者らによるテープカットの様子

7月28日、津市久居野村町(国道165号沿)の『TОTО津ショールーム』で移転オープンを祝うセレモニーが行われた。
同ショールームは、津市船頭町にあったものが移転。敷地面積は約2倍となり、展示面積は2割増し。8月発売の新商品のシステムバスルーム「シンラ」や洗面化粧台「オクターブ」「ドレーナ」など、最新の水まわり商品を見るだけでなく、体感できるのが特徴。駐車場も最大44台を完備。
オープニングセレモニーには、同社関係者のほか、津市内で同社の商品を扱う建築業者によるリモデルクラブ津店の会員企業ら約30名が出席。
同社の取締役常務執行役員の白川敬さんが「ショールームはお客様にとって夢をかなえる接点。夢を形にする場所」と挨拶。代表者でテープカットを行い、新たな門出を祝した。その後、出席者らによる内覧会が行われた。
オープニングフェアを7日㈫まで開催中。来場者にはオリジナルボックスティッシュペーパーを進呈。営業時間=10時~17時。水曜定休(祝日の場合は営業)。
問い合わせは0120・43・1010。

講師の佐田さん(右)の指導で、開脚し体操する参加者たち

講師の佐田さん(右)の指導で、開脚し体操する参加者たち

7月25日、津リージョンプラザで、葬儀専用ホール「津光倫会舘」=津市納所町=が、会員や一般を対象に「こりとり体操」の教室を開催した。
地域住民の健康をサポートすることを目的に4月から行っている企画の一環で、今回が第4弾。
「こりとり体操」は、骨格を意識しながら体をゆっくりと動かし、可動域を広げることにより、体の痛みの解消や改善・予防を目指す体操。
講師は、津市在住で、こりとり体操・ヨガ・バレトン・エアロビクスのインストラクター資格を持つ佐田まゆみさん。  当日は約30名が参加。佐田さんは、足指や首、背中などをゆっくり動かす体操を指導。「まず自分の体の今の状態を知ることが大事」とし、「何度も同じ動作をすると体がほぐれるので、それを感じてください」と呼びかけた。参加者は「とても健康に役立ち、おまけに楽しかったので、家でも頑張ってやりたいと思います」と話した。
なお同舘は次回の「こりとり体操」教室を9月26日㈬、津リージョンプラザで開く。また8月30日㈭、同舘で「相続対策セミナー」を催す。

[ 1 / 4 ページ ]1234