津市久居地域で郷土資料を常設展示している唯一の市営施設「津市埋蔵文化財センター久居分室」=久居元町=が、建物の耐用年数が迫っていることなどから平成31年度中に取り壊されることとなった。それに伴い同分室は閉鎖し、展示物の土器など129点とパネル7枚は久居地域の施設に移されるが、具体的な場所や展示内容は未定。この他の地域でも、郷土資料の展示は縮小している傾向があり、貴重な文化財と市民との接点を増やす姿勢も求められている。

 

 

「津市埋蔵文化財センター久居分室」に展示されている資料

「津市埋蔵文化財センター久居分室」に展示されている資料

伊勢平野のほぼ中央に位置する津市には2800以上の遺跡が存在し、住居や墓などの遺構や、土器などの遺物が埋もれている。遺跡・遺構・遺物は「埋蔵文化財」と総称され、地域の歴史を解明する上で不可欠な一次資料。児童が夏休みの宿題などで郷土について学ぶときにも役立つ。
津市では、この貴重な文化財を保護し後世に伝えるための施設として、平成6年に「津市埋蔵文化センター」=安東町=を設立。発掘調査や、出土した遺物の保管・収蔵のほか資料展示を行っていて久居と美杉町に分室がある。
このうち久居分室は、久居地域で郷土の資料を常設展示している唯一の市営施設だが、昭和49年に老人福祉施設として建てられた建物の耐用年数が迫っていることなどから、来年度中に取り壊されることとなった。
これに伴い、旧久居市から引き継ぎ、現在、面積60㎡の展示室にある土器など129点とパネル7枚は久居地域の施設に移される予定だが、津市教育委員会事務局生涯学習課によると、移転する場所や展示方法は未定。
そもそも、従来の展示は簡易なもので入れ替えや企画展は行われていないため見学者は少なく、29年度は83名だった。
一方、隣の一志町には同町の養蚕・製糸業、農林業、生活用具、歴史関係資料の展示やイベントで人気の「JA三重中央郷土資料館」があり、久居地域からも多くの児童が訪れている。
そのため、久居を拠点とするボランティアガイド団体「久居城下案内人の会」の森下隆史代表(74)も、久居分室の展示の移転にあたり内容の充実を期待。「久居で出土したものを久居でいつでも見られる形が一番ありがたい。(展示にはある程度広いスペースが必要だが)市に工夫してもらい、良い方向で収まれば」としている。
津市は文教都市であり観光振興を図っている。
また来年31年は藤堂高通公の久居藩開府350周年。さらに現在、久居駅周辺で都市再生整備事業が行われており、その一環として32年に独自性のある文化芸術の創造拠点「(仮称)津市久居ホール」がオープン予定で、これらは、久居の歴史を広め地域活性化に繋げる絶好の機会でもある。文化財の常設展示がこの好機に果たすべき役割は大きいだろう。
津市営の郷土資料館の中には、改装後に展示が大幅に縮小したり、数年間に亘り一般公開を休止しているケースもある。つまり、各地域の歴史にふれて、学ぶ機会が減っているという現実がある。今回、市には文化財に詳細な解説を加えるなど展示の質を高めると共に、貴重な財産を市民と共有するための積極姿勢が求められている。