教員(左)に生地のこね方を教わる生徒たち

教員(左)に生地のこね方を教わる生徒たち

津市大谷町の大川学園・三重調理専門学校で3日、「職業選択のための体験講座2018 夏休みは三重で職業体験しよう!」が行われた。同講座は三重県専修学校協会主催。県内の中高生や一般を対象に、18日まで参加する8校で開催中。
今回は中高生14名が参加。そのうち市立豊里中学校家庭部の1~3年生9名が、朝からドーナッツ作りの実習を行った。教員の丁寧な指導のもと生地を成形したり、焼きドーナッツにチョコレートなどで自由にデコレーションし楽しんでいた。
お昼には教員がふんわりとした綺麗なオムレツ作りを実演し、生徒たちも「何事もやってみることが大事」と励まされ挑戦。完成させ同校の実習店舗のハヤシライスと一緒に味わっていた。1年の石山乃愛さんは「ドーナッツ作りは今までやったことがなかったので、今度作るときの参考になった。とても良い経験になりました」と話した。

新作ドレスを発表したドレスショー(津都ホテルにて)

新作ドレスを発表したドレスショー(津都ホテルにて)

すぎしん創業65周年特別イベント「すぎしん振袖&卒業袴ファッションショー」が7月29日、津都ホテル5階伊勢の間で開かれ、約210名の参加者にひと足早く、新作の衣裳を公開した。
今回の振袖発表ステージでは、素人モデルを起用したのが特徴。「モダン」「クール」「レトロ」「個性的」「古典」などそれぞれのテイスト別に15点をプロが解説。参加者らは、二十歳を迎えるにふさわしい一着をチェックしていた。
また、ドレスショーでは、優雅で女性らしさを際立たせる白ドレスや、キュートさが魅力の色ドレス、さらにチャペルの大聖堂に映える豊かに広がるスカートが特徴のドレスなど21点を発表。結婚を控えたカップルらが華やかなドレスに見入っていた。
同日、津市丸之内のカリヨン三重でも終日、ウエディング準備相談会が開かれた。
尚、今回発表した振袖は8月19日㈰まで、新作ドレスは8月13日㈪から31日㈮まで、すぎしん本店で試着・予約を受付中。
問い合わせは☎059・226・2205へ。

[ 6 / 6 ページ ]« First...23456