異常な暑さが続いた今夏。今年7月、津市消防本部管内で熱中症とみられる救急搬送件数は238件(速報値)と前年比4倍近く増で3名の死者も出した。高齢者が多いだけでなく、仕事中に発生するケースも多かった。暑さは一段落したとはいえ、まだまだ熱中症対策は必要で油断のできない状況が続いている。

 

7月には埼玉県熊谷市41・1度と国内最高気温を更新するなど、〝災害レベル〟の猛暑が日本全国を襲った今夏。それに伴い、熱中症を発症する人々が激増した。
津市内でも7月中の熱中症とみられる救急搬送件数が238件。昨年の62件と比較すると約4倍まで増えた。8月に入ってからは、やや勢いこそ落ちたものの、高い水準で推移している。もちろん、救急搬送された人以外の数を含めると実際の発症は相当数にのぼると見られる。
搬送件数のうち、体力が低く暑さを感じ難い75歳以上が4割と大きな割合を占め、次いで74歳から40代が3割という構図で工場など仕事場からの搬送も目立った。時間や場所についても昼の屋外だけでなく、夜間の屋内でも発生している。
対策は、直射日光を浴びるの避け日中の農作業などを控える、エアコンでの温度調整や扇風機による空気の循環、こまめな水分補給(多く汗をかく場合は塩分を含むスポーツドリンク推奨)と身体を動かす場合は適度な休憩をとるといったもので、これらはある程度、浸透している。
その一方で最近の気温低下により、もう熱中症の心配はないと思う人がいるはず。しかし、それは大きな誤解だ。
環境省の熱中症予防サイトの日常生活に関する指針によると気温が31度以上が危険で高齢者は安静状態でも熱中症が発生するリスクが高い。28度以上31度未満が厳重警戒。25度以上28度未満が警戒。25度未満でようやく一般には熱中症の危険が少ない領域まで低下する。つまり、25度以上の場合は熱中症の危険があるということで、これは意外に知られていない。
環境省も熱中症予防月間を今月末まで延長するなど油断できない状況。猛暑に身体が慣れ、少しの気温低下でも涼しく感じる今こそ気を引きしめ対策に取り組むべきともいえる。めまい、頭痛、吐き気などの初期症状を感じたら、すぐに涼しい場所に移動し、水分補給や身体を冷やすなど、然るべき対策を行った上で病院に行く、それら行動がとれない場合は、すぐに救急車を呼ぶことが重要となる。大きな犠牲も生んだ今年の猛暑の教訓を残暑を乗り切るためだけでなく、来年以降の対策に生かしていきたい。

津市大門大通り商店街振興組合は9月8日㈯、「第3回翔け!大門囲碁大会」を開く。現在参加者募集中。主催=同組合、主管=日本棋院三重県支部連合会、後援=津市。
かつて津市の商業の中心地だった大門商店街に往年の活気を取り戻そうと同組合が取り組む活性化策の一つ。夏の「だいたて夜店」と並ぶイベントとして力を入れているもので毎年、多くの参加者が集まり賑わう。
会場は津観音前の「街の駅だいもん」で9時から受付開始。対局時は10時~16時(予定)。
参加費は、一人1000円(食事は含まれていない)。市内外問わず誰でも参加可能。
区分は、日本棋院三重県支部連合会により、定員32名によるクラス分け予定。対局は、スイス方式4回戦(ハンデ戦)。
入賞者には賞品あり。
参加希望者は、同組合事務所に備えつけの申込用紙に必要事項を記入して申し込み。締め切りは8月31日㈮。
問い合わせは、同組合☎津223・0090へ。FAXは059・229・4868(10時~16時、毎週水・日は定休日)。
尚、8月26日㈰13時~17時、同じく「街の駅だいもん」で「第7回翔け!大門将棋大会」も開かれる。

プロタイムズ集合「地域密着」を掲げ、住宅の外壁塗装・リフォーム工事を行っている「プロタイムズ津店」=津市藤方、桐田勝久店長=が8日、同市南中央の古道公園の遊具をボランティアで塗り替えた。
同店では、スタッフの塗装職人に子育て世代で公園を頻繁に利用している人が多いこともあり、地域貢献活動の一環として、先月から地元の公園の遊具の塗り替えを行っている。

丁寧に塗り替え作業を行う参加者

丁寧に塗り替え作業を行う参加者

古道公園は広場やテニスコートも整備されているほか、夏には盆踊り祭りが開かれ幅広い世代の地元住民に親しまれている。しかし、鉄棒や滑り台など金属製の遊具の錆びが進行していたため、今回、景観・安全性向上のため、赤や黄色などで綺麗に塗り替えた。当日は、同店と、協力した松阪店・鈴鹿店の職人合わせて約15名が、暑い中、朝から夕方まで入れ替わりながら丁寧に作業。
桐田店長は、公園の遊具を塗り替える活動について、「今後は、2ケ月に1回ほどのペースで行う予定です」と話した。

[ 1 / 6 ページ ]12345...Last »