29日(12時半開場)、三重大学の山翠ホールで「彼岸花映画祭in津」が開催される。入場無料。主催=同映画祭実行委員会。共催=三重大学、津市。後援=津市教委、三重テレビ放送、本紙ほか。
今回で4回目となる同映画祭。三重県ゆかりの映画監督・小津安二郎作品を上映してきた。今回は小津の影響が強い山田洋二監督作品を上映。
第一部はコンサート「山田洋二作品に微笑みかけたメロディーたち」。山田作品を彩る数々の曲をオーケストラで演奏。指揮、話、ピアノは三重大学教育学部の兼重直文教授。
第二部は、06年の映画「武士の一分」を上映。藤沢周平の小説が原作で木村拓哉主演。幕末を生きた武士の生き様と夫婦のきずなを描いている。
問い合わせは実行委員会事務局。☎080・4547・2015。