野田さん夫妻と話す前葉市長

野田さん夫妻と話す前葉市長

8日、老人の日(9月15日)を前に、津市の前葉泰幸市長が、今年度に100歳になる高齢者と最高齢者のもとを表敬訪問した。
この日、最初に訪問したのは、津市産品の野田勇さん(99)、ちよさん(99)夫妻。前葉市長はちよさんが入所する特別養護老人ホーム・明合乃里で二人と対面。記念品と敬老祝金を手渡した。
夫婦で同年度に100歳を迎えるのは珍しく、二人の元気な姿に感心した前葉市長が「長寿の秘訣は」と尋ねると、勇さんが「よく噛むこと。テレビで見たので、健康のために肉を食べるようにしている」と笑顔で答えた。その後、勇さんが戦後にシベリア抑留の憂き目に会い、極寒の地で苦しい生活を強いられた経験を語り、前葉市長は頷きながら聞き入っていた。
この後に前葉市長は、市内最高齢者の藤田さつさん(109)=津市美杉町八知=、男性最高齢者の東海正雄さん(104)=津市半田=を表敬訪問した。

29日(12時半開場)、三重大学の山翠ホールで「彼岸花映画祭in津」が開催される。入場無料。主催=同映画祭実行委員会。共催=三重大学、津市。後援=津市教委、三重テレビ放送、本紙ほか。
今回で4回目となる同映画祭。三重県ゆかりの映画監督・小津安二郎作品を上映してきた。今回は小津の影響が強い山田洋二監督作品を上映。
第一部はコンサート「山田洋二作品に微笑みかけたメロディーたち」。山田作品を彩る数々の曲をオーケストラで演奏。指揮、話、ピアノは三重大学教育学部の兼重直文教授。
第二部は、06年の映画「武士の一分」を上映。藤沢周平の小説が原作で木村拓哉主演。幕末を生きた武士の生き様と夫婦のきずなを描いている。
問い合わせは実行委員会事務局。☎080・4547・2015。

IMG_3407 10月14日14時~(13時半会場)、津市久居総合福祉会館3階(津市久居東鷹跡町)で『女声コーラスひさい』が「ふれあいコンサート」を開催。入場無料。後援=津市教育委員会。
34年目の同団体は、当時旧久居市の小学校のPTAを中心に設立。現在は津市内を中心に女性34名が所属。19回目となるこのコンサートは年に一回、日頃の成果を披露するために行っている。
コンサートの聴きどころは大きく二つ。一つ目は、料理のレシピを歌にした、女声のための合唱組曲「キュイジーヌ」から、スパゲッティペスカトーレ、インド風チキンカレー、パエリアなどを披露。もう一つの聴きどころは女声合唱のためのメドレー「TOKYO物語」よりリンゴの唄、東京の花売娘、星の流れなど、日本が戦後復興をしていく昭和時代を歌声で描く。指揮は笠木厚憲さん、伴奏は服部素子さん。
問い合わせ☎059・255・6864(佐々木さん)

[ 2 / 10 ページ ]12345...10...Last »