10月28日、津市大門の都ホテルで津商工会議所125周年記念事業として和太鼓チーム「津商工会議所青年部元気玉太鼓」の20周年を記念した感謝の集いが催された。会員や関係者を始め、市内の郷土芸能団体の関係者ら約180名が出席。津まつりでの演奏など、今や津市の郷土芸能の一翼を担う存在にまで成長したチームの節目を祝った。

 

 

 

挨拶する津商工会議所青年部の尾﨑会長

挨拶する津商工会議所青年部の尾﨑会長

元気玉太鼓は、江戸時代に疫病退散を祈願して作られ、時代の流れと共に姿を消した西町=津市中央=の玉山車を平成18年に当時の長谷川雅敏会長の下、津商工会議所青年部の会員たちが復活。まちの未来を担う青年経済人たちの集まりらしく現代社会に蔓延する疫病である「不景気」の退散を願い、元気玉と名づけられた。
当初は小さな山車に和太鼓を乗せたところからスタート。受け継がれていく中、プロの和太鼓奏者の指導を受けるなど、演奏技術の向上を図りながら年々レベルアップ。現在は同青年部の会員に加え、OBや一般参加者による元気玉協力会=大西伸二会長=が力を合わせて運営しており、津まつりでの練り歩きや演舞、市内の様々なイベントにも出演。知名度を上げると共に津市の郷土芸能の一翼を担う存在として成長している。

今年の津まつりで市内を 練り歩く元気玉太鼓

今年の津まつりで市内を
練り歩く元気玉太鼓

大勢の出席者が集った感謝の集いの冒頭で同青年部の尾﨑正彦会長は、「20年やってこられたのは、我々の力だけではなく、ここにいらっしゃる皆様のおかげ」と深く感謝した。続いて、津商工会議所の岡本直之会頭が「津まつりを始め、市民の皆様に愛される郷土芸能に成長したことは感無量」と喜んだ。更に前葉泰幸津市長も「青年部の皆さんは色々な立場でまつりに関わっていると思うが、元気玉はその拠り所で団結をつくり上げていると思う」と活動を高く評価した。
その後、元気玉の設立に深く携わった当時の会員や協力者に感謝状と花束の贈呈が行われた。
津商議所の辻正敏副会頭の音頭で乾杯が行われた後、出席者たちは酒食を楽しみながら、20年の歩みを振り返ると共に今後の展望を語り合った。