高山大橋交差点付近(奈良県生駒市高山町)

高山大橋交差点付近(奈良県生駒市高山町)

謎のクーラーボックス(奈良県生駒市北田原町)

謎のクーラーボックス(奈良県生駒市北田原町)

国道163号の生駒市高山町の高山大橋交差点は上下線が分離されており、歩道も地下を横断する形。いわゆる最新型の道路である。163号の中でも四條畷市と生駒市を結ぶ全長約11㎞は「清滝生駒道路」と呼ばれており、その整備計画に伴いこの交差点付近の道路も改良されている。
この道路は、慢性的な交通渋滞や急勾配や急カーブの解消を目的としており、ちょうどこの辺りを入口に四條畷市に向けて、今の国道の北側に新たな道路が建設される計画。土木工事技術の進歩に伴い、山中にまっすぐ広い道を構築することが可能となり、谷筋の曲がりくねった狭い道にこだわる必要がなくなる。  道路は人々の想いが募り、それが具現化されたものである。道路の付け替えによって人の流れは変化し、周囲の街に変化をもたらす。それがどのような形で顕現するのか分かるのは先の話であるが、必ずこの目で確かめようと思っている。
流転する世界で、一人の人間が知覚できる範囲など、ほんの些細なものである。だからこそ、できる限り自分の心に刻みたい。そんなことを考えながら歩いている時に、同市北田原町付近の歩道で〝それ〟と出会った。
歩道の柵に立てかけられた古びた看板に「差し上げます。御自由に持って帰って下さい」とかすれた文字で書かれており、その脇にクーラーボックスが置かれている。
字面だけを見ると、どうということはないかもしれないが写真をご覧頂くと分かるように実物は、静かな威圧感を放っている。足を止めて開けるべきか、開けないべきか、しばし逡巡する。
ここで頭に浮かぶのはギリシア神話のエピメテウス。主神ゼウスから火を盗み、人類に授けた神プロメテウスの弟神。名前を日本語訳すると兄がプロメテウス(先に考える者)なのに対し、弟はエピメテウス(後に考える者)と、これだけでどのような神なのか分かるはず。
エピメテウスは、兄の忠告を聞かずにゼウスからの贈り物である人類最初の女性といわれるパンドラを妻として迎える。ここから先は、かの有名な「パンドラの箱」の物語である。ある日、パンドラは、神々より「絶対に開けてはいけない」と言われ渡された箱を興味本位で開けてしまう。するとそこから、争いや病気など、様々な災厄が世界中に飛散し、人々は苦しむこととなった。
前振りが、やや壮大になってしまったが、衝動に任せて行動するのはよくないという教訓だろう。何が入っているかは非常に気になるが、真実を知らない方があれこれ想像する余地が残る。最終的には「近所の人が善意で余った野菜を入れているのではないか」と結論付け、先へと進む。
後日談であるが、周辺の追取材を行った際、この場所を再び通ると、看板とクーラーボックスは消えていた。あれは一体なんだったのだろうか。結局のところ、私は『後に考える者』にすぎなかったのである。(本紙報道部長・麻生純矢)