2019年のラグビーワールドカップ、2020年の五輪とパラリンピック、そして、2021年のワールド・マスターズ・ゲームズ関西と、今や日本は世界の旅行社から熱い視線が注がれている(らしい)。
ブレグジット(2016年に起こったイギリスのEU《欧州連合》離脱問題のこと)が懸念されるものの、英国もそのうちの一つである。この国の英国旅行業協会ABTAは、従来EUエリアで開催されてきたものを覆し、来年2019年のトラベル・コンベンションは東京で開催する事に決めた。期間は10月7日から9日で、場所はグランドプリンスホテル新高輪。観光経済新聞によると、ABTA加盟の英国の旅行社幹部など、500人の参加が見込まれている。
とはいえこれは、ABTAのウェブサイトによると、日本政府観光局JNTOが他国と競争入札した結果のようだ。メガイベントもそうなのだが、投下資本を上回る成果を期待したいものである。その為には、2012年のロンドン五輪における英国の、隠れた知恵も拝借すべきであろう。
2012年の英国へのインバウンドは、『クラウディングアウト(貨幣供給量不変のもとでの国債の市中消化による財政支出の増加が利子率の上昇を通じて民間の資金需要を抑制し、民間投資を減少させる現象のこと)』によって前年を割ったが、翌年からは急上昇、国連世界観光機関発行のツーリズムハイライト2014によると、2011年は2930万6千人、2012年は2928万2千人、そして、2013年には3106万4千人となった。その秘訣は何だろうか?
実のところ、これは英国政府観光庁による、スクリーン・ツーリズム作戦の結果である。五輪開会式でのジェームズ・ボンドとエリザベス女王(スタンドイン)の、メインスタジアムへのパラシュート降下に始まり、同年中に、ロンドンとスコットランドを舞台とした007『スカイフォール』を世界で公開、同時に、英国政府観光庁は世界に向けて4種類のボンドツアーを販売し、しかもそれは続編『スペクター』の公開を経て今もなお継続中である。
ツーリズムハイライト2018によると、この映画公開後の英国へのインバウンドは3581万4千人で、オリンピック開催年に比べて20%近くも増加した。著名な映画によるプロモーション効果は驚くほど長いのである。
ちなみに、『スカイフォール』の世界配給収入は11億856万1013米ドル(当時のレートで1081億8446万9259円)、『スペクター』は8億8061万4260米ドル(同958億203万6224円)となっている。英国では映画輸出も『サービス貿易』の柱の一つであり、所轄はデジタル・文化・メディア&スポーツ省DCMSとなっている。
007最新作のクランクインは来年初頭、監督は日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ。公開予定は配給会社と監督の交代で2020年となり、海外での配給はユニバーサル・ピクチャーズからとなる。ストーリーは秘密だが、前作終盤の傾向からみると、映画の冒頭にボンドの結婚と花嫁の死が起きそうだ。原作では、ボンドは精神的リハビリも兼ね、外交使節として日本に送られるが、偶然にも仇と対峙する事になる。このプロットどおりならば、日英間の観光交流が促進されること受け合いだ。もちろん、ロケ地は原作にある三重県が適している。三重はG7サミットを開催して十分な道路整備を行ったが、外国人観光客が比較的少ないために野次馬が少なく、短期間での映画撮影が可能だ。最近だと、第31回東京国際映画祭にエントリーされ、来年2月に全国公開される『半世界』(阪本順治監督)が、約一カ月間撮影されている。
ABTA関係者ならば、来年から2020年にかけて日英両国政府が実施する『日英文化季間』も踏まえ、興味を抱くに違いない。でなければ、本気度が疑われる次第である。(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)