普通に食事が摂れなくなった妻は、止むを得ず、胃瘻の手術をしたので、特養(特別養護老人ホーム)を退去しなければならなくなって、ある病院から老人向けの集合型ホームを紹介され、その施設に入居したのです。
それから既に2年以上の月日が流れた。その施設は夜の付き添いを認めて下さったので毎晩のように通っていたのです。
入居して間もない夜のこと、部屋に入ると、年配の女性が、妻の介護に当たってくれていた。かなりの年齢のように思えたので、翌日、事務所の方にお聞きすると、なんと90歳を過ぎておられる現役の看護師さんですとの事でした。
しかも、若い看護師さんと同じように、メモを取り、当直もされていると言う。むしろ、若い方よりお元気かも知れないと、教えて下さった。
90歳を超えた現役の看護師さんなど居ない、と勝手に思い込んでいたのに、なんと世間にそんな元気な方もいるのだと感心しながら、賞賛に値する方だと、ふと感じたのです。
そこで、施設のオーナーに相談したところ、「是非、記事にして欲しい」とのことでした。そこで、以前から面識のあった某新聞社の記者の方に電話を入れました。
彼は、まだ若いが、実直で将来を嘱望された好青年です。早速、取材に応じてくれました。そして、数日後の平成29年3月18日に「92歳?看護師現役です」との見出しと写真入りで紙面に踊ったのです。その記事の解説によると、全国で働く看護師は、約16万3420人で、そのうち、60歳以上は約13万7000人。04年の約4万3000人から3倍に増え、割合も3・6%から8・4%に急上昇していました。
日本看護師協会の担当者によると、神奈川県の病院で90歳の看護師さんが働いている例があると言う。にしても、「池田きぬ」さんは貴重な存在であることを再び知ることになるのです。
その後、東京から雑誌社の取材があったかと思うと、今度は名古屋からテレビ局の取材があり、施設も本人も大騒ぎになりました。彼女はまるで時の人でした。
それ以降、私は健康に不安を感じるようになり、この先、「夜の付き添いが困難ですよ」と周囲の方達からも諭されて、ある人の紹介で、療養型の病院への入院を勧められ、幸いにもお世話になれたのでした。
そんな事情から、「池田きぬ」さんとも暫くお会いする機会もなく、いつの間にか半年ほどの月日が流れていたのです。
ところが、入院をさせて下さった病院に、親切な年配の婦長(顧問)さんが勤務しておられ、その婦長さんと、色々とお話をする機会に恵まれ、「池田きぬ」さんの後輩である事がわかり、婦長さんも「是非一度お会いしたい」と言うお気持ちになったのです。
その彼女の曰く「若い頃はとても厳しい方でしたが、凛として優しさも兼ね備えられ、正しい信念を持っておられた。私は今も、その方の意志を後輩に伝えているのよ」と、話されたことにひどく感銘を受けました。
なるほど、人はそれぞれの環境の中で与えられた使命を信念に基づいて忠実に実行する責任感の尊さを教えられ、彼女への尊敬の念を抱いたのであります。
そして「池田きぬ」さんとの再会を実現するために、日時の擦り合わせを行い、その後(平成30年7月13日)、婦長さんの付き添いの方と共に案内させて頂き、先輩後輩のお二人は、正に奇遇とも云うべき再会を果たしたのです。めでたくも「池田きぬ」さんは、その少し前に(平成30年6月26日)、山上の光賞を受賞されていました。私はその事を知って、とても感動を覚えたものです。
山上の光賞とは、日本の広範な健康、医療の分野において素晴らしい活躍をされ、よりよい社会を築くことに貢献している75歳以上の方々を顕彰するプログラムであります。
高齢化社会の現代にあって、働く人の姿勢もさることながら、施設を経営されるオーナーの理解や包容力。或いは周囲に思いやりの環境が整っていたことも、受賞の結果に繋がっているように思えます。さらに他の地域においても受賞者が誕生する事に期待したい。
「池田きぬ」さんの受賞によせる私の思いは、それを強く期待したい。「池田きぬ」さんには「「受賞おめでとう」というお祝いの言葉を贈って、何故か自分もほのかな気分に浸っていました。
(一般社団法人・日本作詩家協会会員)