大阪の市街地を見下ろす眺望(四條畷市)

大阪の市街地を見下ろす眺望(四條畷市)

四條畷神社の鳥居

四條畷神社の鳥居

清滝第一トンネルを抜けると、絶景が広がっていた。今までの緑あふれる景色とは打って変わり、視界はビルや高速道路など無数の建造物で埋め尽くされている。いわゆる都会の景色。我々、三重県民がイメージする「大阪」の姿である。
自然と対立する形で都会という言葉が使われることは多いが、私は必ずしもそうではないと考えている。なぜなら森や川や虫や鳥や獣などと同じく人間もまた自然が生み出した存在だからだ。その人間が生み出した都会も、また自然の一部といえる。この眼下にそびえる建物一つひとつに人々の営みがある。夜には、数多の光が闇を染め上げる美しい光景が見られるはず。それもまた自然が生み出した風景である。
環境保護を訴えることは大切だと思うが、そもそも人間が自らを自然から乖離した存在と捉えること自体が、傲慢ではないだろうか。まずは考え方を変えることで、見え方が変わる。そうすると生き方が変わる。それが社会に変化を及ぼすことで世界は確実に変わる。田舎と都会の境目では、いつもこんな考えが頭をよぎる。
国道163号を下り、四條畷市の市街地に入った私は、国道から少し外れ、ある場所を目指す。そこは四條畷市のアイデンティティの中核を占める存在ともいえる四條畷神社。祭神は、南北朝時代に南朝方の中心的な武将として戦った楠木正成の息子・楠木正行。正行は正成の死後、高師直らと「四條畷の戦い」を繰り広げ、敗北の末に自刃した。
このくだりは、軍記物語の太平記でお馴染みであるが、後に南朝が正統とされたこともあり、軍神として崇められた正成は大楠公、正行は小楠公と称され、広く親しまれるようになった。
前述の通り明治時代に南朝が正統とされる中、正行を祭る四條畷神社が創建された。津市の結城神社や北畠神社などと共に、後醍醐天皇や南朝方の忠臣を祭る建武中興十五社の一つに数えられる。明治以降に天皇制国家が成立していく中で、忠臣と名高い正行を祭神とする神社には創建当初から多くの人達が参拝に訪れ、参拝客を運ぶために電車の路線が開通。今でも多くの人で賑わう四條畷地区の発展は正行あってのものと言っても過言ではないのだ。そのため、正行は、地元の人から楠公の呼び名で親しまれ、町名や施設の名前にもなっている。楠公といえば、正成を思い浮かべる人が多いと思うが、ご当地の事情は面白い。
163号を南に折れて、住宅街を抜けると四條畷神社の鳥居。境内に入ると、9月の台風21号によって、手水舎が崩れていたり、電線が垂れ下がっていたりと、大きな爪痕が残っていた。拝殿で残り僅かとなった今日の行程の安全を祈願。後はJR四条畷駅へと向かうだけだ。(本紙報道部長・麻生純矢)