2018年12月

相続対策について話す税理士の浅沼さん

相続対策について話す税理士の浅沼さん

こりとり体操で首の骨をほぐす佐田さん(右)と参加者

こりとり体操で首の骨をほぐす佐田さん(右)と参加者

葬儀専用ホール「津光倫会舘」=津市納所町=が11月28日、津リージョンプラザで、会員や一般を対象に「こりとり体操教室」と「相続対策セミナー」を開催した。
こりとり体操は、骨格を意識しながら体をゆっくり動かし、可動域を広げることにより、腰痛・肩こりなどの解消や改善・予防を目指すもの。
この教室は同会舘が4月からスタートした「脳活・脳トレ応援企画」の一環で、地域住民の健康をサポートすることが目的。2部制で開かれ、合わせて約35名が参加。
講師の佐田まゆみさんが、首などの骨を動かす体操を紹介した。また両足の指をほぐす体操では、左の足と右の足で可動域が異なるかを意識することを呼びかけ「自分の体を知り気付いてあげないと、どうやってほぐして良いかわからないので、気付いてあげて下さい」とアドバイスした。
「相続対策セミナー」は相続の疑問解決のサポートが目的で、約30名が参加。講師は、税理士の浅沼慎也さん。浅沼さんは津市栄町に事務所を構え、専門家が相続の悩みに対応する「相続の相談窓口」に所属している。
セミナーでは相続税対策として、養子縁組や土地建物の購入などを紹介。そのうえで「相続税を減らすことだけが相続対策ではありません。本当に大切なことは何かということを考えて頂きたい。例えば不動産を買っても、相続人がその土地が要らないこともある」として、将来を見据えて対策することの重要性を伝えた。

猪の絵などを彫った消しゴムスタンプ(右)で作った年賀状

猪の絵などを彫った消しゴムスタンプ(右)で作った年賀状

平成最後の年賀状は手作りで……スタンプ消しゴムに絵や文字を彫りましょう。
明後日8日㈯13時半~16時、津市中河原の潮音寺で、書家の白井潤山さんによる「年賀状教室」が開催される。現在参加者を募集中。
▼彫刻刀を使うため対象は小学校高学年以上。小学生は保護者同伴。
▼講習費用=一人1500円。
▼募集人数=先着10名。
▼必要なもの=彫刻刀(カッター)・鉛筆・筆ペン。持っている人は持参すること。スタンプ消しゴムは、主催者が用意する。
問い合わせはメールでyoshi_shirai@i-gallop.netへ。詳細はフェイスブックのイベントページ「文字を彫ろう!年賀状教室」で。

IMG_4488 11月23日、津商工会館で津商工会議所青年部=尾﨑正彦会長=が主催する小学5・6年を対象とした『第10回ジュニアエコノミーカレッジin津』の表彰式が行われた。
地域の未来を担う子供たちに商売の楽しさや、仲間との友情の大切さを学んでもらおうと毎年開催しているもの。1チーム5名で今回は6チーム30名が参加。子供たちは仮想会社を設立し、それぞれが社長や財務部長などの役職に就き、独自商品を開発。11月3日の高虎楽座で販売実践。
この日はその結果発表となる表彰式。津商工会議所設立125周年特別賞とグランプリを勝ち取ったのは立成小の「HAPPY DREAM」。
その後、優勝チームの社長である今井愛友花さんが、津市の松田千秋商工観光部長に全チームの売上金の一部に当たる9270円を〝税金〟として寄贈。浄財は社会福祉のために役立てられることとなる。

[ 13 / 17 ページ ]« First...1112131415...Last »